製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > ニュース > 

全てのニュース

09/15/2017
LOGICJAM放送機材展 出展

タックシステム株式会社は、LOGICJAM放送機材展 に 出展いたします。

 

開催日時:2017年9月20日(水)9:30〜18:00
 

場 所 :ロイトン札幌 ロイトンホール A • B (札幌市中央区北1条西11丁目 アクセス)

 

AVID S3 + Pro Tools Dock、FastNASデジタルメディア ワークフロー サーバ、Decimator Design HD-SDIミニコンバータ、マルチビューワー、iZotope プラグイン等をご紹介いたします。
 

みなさまのご来場お待ちしております。

 

 

 

---------------

08/18/2017
【サポート】iLokに関する重要なお知らせ

【サポート情報】
 
iZotope RX、Ozone等の製品、その他のプラグインやAVID Pro Toolsが、iLokライセンスのエラーで起動できないとの報告を多数いただいております。
この症状が出た場合、以下の対処をお試しください。
 
1 : iLokライセンスマネージャーを最新版にアップデートしてください。
 
Mac版: http://installers.ilok.com/iloklicensemanager/LicenseSupportInstallerMac.zip
Windows 64bit版: http://installers.ilok.com/iloklicensemanager/LicenseSupportInstallerWin64.zip
Windows 32bit版: http://installers.ilok.com/iloklicensemanager/LicenseSupportInstallerWin32.zip
 
 
これでも改善できなかった場合には、下記の作業をお願いします。
 
2 :  iLokライセンスマネージャーを起動後、iLok IDにログインし、該当のiLokアイコンを右クリックし「Synchronize」を行ってください。
---------------

05/31/2017
九州放送機器展2017 出展

qbe_bnr_large.jpg

 

タックシステム株式会社は、今年も九州放送機器展に出展いたします。

ブースナンバー : F58


AVID S3 + Pro Tools Dock、TAC VMC-102 スタジオ モニター コントローラー等を展示いたします。
ADDER デジタルKVMシステム、FastNASデジタルメディア ワークフロー サーバ、Decimator Design ミニコンバータ、マルチビューワーをご紹介いたします。
また、iZotope RX6セミナーも開催いたします(http://www.q-kikiten.com/seminar/)。

 

皆様のご来場お待ちしております。

---------------

05/31/2017
第2回 関西放送機器展 出展

kansai.png

 

タックシステム株式会社は、第2回 関西放送機器展に出展いたします。

 

ブースナンバー : A-70


ADDER デジタルKVMシステム、FastNASデジタルメディア ワークフロー サーバ、Decimator Design HD-SDIミニコンバータ、マルチビューワー等をご紹介いたします。
また、iZotope RX6セミナーも開催いたします。(http://www.tv-osaka.co.jp/kbe/seminar.html)

 

皆様のご来場お待ちしております。

---------------

05/31/2017
サウンドフェスタ2017 出展

SF2017.gif

タックシステム株式会社は、今年も「サウンドフェスタ2017」に出展いたします。

 

ブースナンバー:3012


AVID S3 + Pro Tools Dock、TAC VMC-102 スタジオ モニター コントローラーを展示いたします。
また、NTP デジタル オーディオ マトリクス、デジタルシネマ設備に最も適したデジタル・オーディオ・プロセッサー「AP-20 Cinema Processor」をご紹介いたします。

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

---------------

04/26/2017
【TACセミナー】Burl Audio & iZotope マスタリングセミナー

seminerlogo.gif

第36回タックセミナー「Burl Audio & iZotope マスタリングセミナー」を開催いたします。

 

今回のセミナーでは、サウンドインスタジオ/B Studio 内の、コントロールルームで「Burl Audio Flight of the Mothership Tour 2017(製品説明及び製品試聴会)」を行います。

 

また、B Studioレコーディングブース内で、サイデラ・マスタリング チーフ・エンジニア 森崎雅人氏をプレゼンターに迎え、「 iZotope マスタリングセミナー」を行います。
 

 

開催日平成29年5月25日(木)
時   間
▼iZotope マスタリングセミナー
セッション1   13:00 〜 14:15(受付開始12:45)
セッション3   16:00 〜 17:15(受付開始15:45)

 

▼Burl Audio Flight of the Mothership Tour 2017(製品説明及び製品試聴会)
セッション2   14:30 〜 15:45(受付開始14:15)
セッション4   17:30 〜 18:45(受付開始17:15)


場   所サウンドインスタジオ/B Studio
    (東京都千代田区四番町5-6日テレ四番町ビル1号館6F) MAP

 

内   容:

▼iZotope マスタリングセミナー


■ 新製品iZotope/RX6の新機能のご紹介&デモ

Ozoneを使用したマスタリングテクニックについて
Ozoneの魅力
Ozoneのパラメーターの種類
音のまとめ方
よく使用するプリセットに関して
比較試聴

morisaki_prof.jpg
ゲストプレゼンター:森崎雅人氏/サイデラ・マスタリング(チーフエンジニア)

父親の影響で幼少期からベンチャーズを聴きつつ、モノラルのラジカセを使って歌番組を録音して楽しむ。小学生時に初めてステレオの立体感ある音を聴いて感動しオーディオにのめり込む。
音響技術専門学校を卒業して音響ハウスに入社し、バンドもの、アーティストもの、劇伴、CM音楽など、あらゆる録音現場を体験しスタジオワークを習得する。そのレコーディング・エンジニア修行の途中でトム・コインがマスタリングした音に衝撃を受けマスタリング・エンジニアに転向。音響ハウス時代の豊富な経験から録音機材やマイクによる音色の違いも熟知しているため、レコーディングエンジニアともより密なコミュニケーションをとれることが強みの一つである。
2000年より、サイデラ・マスタリングのチーフ・エンジニアとして、音色の深み、スピード感、心地よい倍音を探求しながら、世界レベルの音を目指している。

詳細プロフィール
http://saidera.co.jp/prof/morisaki.html

 

----------------------

 

▼Burl Audio Flight of the Mothership Tour 2017

 

Burl Tour.jpg

 

このツアーでは、プロデューサー、エンジニア、スタジオオーナー、ミュージシャンがワールドクラスのスタジオにアクセスし、他社製のプロフェッショナル・オーディオ・インターフェイスとB80 MOTHERHSIPを聴き比べる機会を提供します。B80とB16や、BAD8用の新しい8チャンネルADCカードを展示する予定です。


このイベントでは、B80 MOTHERHSIPと現在各スタジオにあるコンバーター間でクリティカルな "A / B"リスニングテストが行われます。  東京のイベントでは、事前に各システムにレコーディングされた素材の再生が行われます。
またこのイベントでは、BURL Audio製品の社長兼プロダクト・デザイナーでもあるリッチ・ウイリアムズ氏(Rich Williams)が、トッププロのレコーディングスタジオ向けのギア設計の背後にある哲学について語ります。 リッチ・ウイリアムズ氏本人に直接、製品に関する質問をするよい機会になるでしょう。


このツアーが終了した後、限定版のレコード(ビニール盤=バイナル)をリリースする予定です。 このレコードは、B2 Bomber DACを使用してインフラソニック・マスタリングのピート・レイマン氏(Infrasonic Mastering/Pete Lyman)によってマスタリングされる予定です。

BURL Audioのサウンドについてご興味がある方は、是非このイベントにご参加ください。B80 MOTHERSHIPのA / Bリスニングテストでその違いをご自身で体験してください。

 

 

B80 MOTHERSHIPと新製品 BAD8 ADCカードによるクリティカルなA / Bリスニングテスト

BAD8:
B80とB16のMOTHERSHIP用のBAD8,8チャンネル・アナログ /デジタル・ドーターカードは、25年以上のA / D設計経験と研究開発の結果です。 B2 BOMBER ADCとBAD4の圧倒的な成功に続いて、BAD8は次世代のアナログ回路パスと最新のアナログ/デジタル変換テクノロジーを採用しています。全クラスAディスクリート・トランジスタ回路、および伝説的なBX1トランス結合入力を利用する妥協のないデザインです。 BAD8は、BX1トランスの新しいフォームファクタにより、より多くのトランスを基板にマウントすることを可能にしました。 BAD8には最新のアナログ - デジタル変換テクノロジーが搭載されており、更なる解像度の向上と驚異的な低レイテンシーと共に素晴らしい音色を提供します。

 

---

 

お申込方法:
セミナー受講申込フォームに、ご希望のセッション番号とお客様情報を入力して送信してください。(後日、受付完了メールを送付いたします。)

 

▼iZotope マスタリングセミナー
セッション1   13:00 〜 14:15(受付開始12:45)
セッション3   16:00 〜 17:15(受付開始15:45)

*セッション1と3は同じ内容です

 

▼Burl Audio Flight of the Mothership Tour 2017(製品説明及び製品試聴会)
セッション2   14:30 〜 15:45(受付開始14:15)  定員となりました。(受付終了)
セッション4   17:30 〜 18:45(受付開始17:15)

*セッション2と4は同じ内容です。

 

*例:iZotopeとBurl Audio 両方のセッションをご希望の方は、「 1 2 」など、ご希望のセッション番号を連番で入力ください。

*定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。

*ご来場の際は公共交通機関のご利用をお願いいたします。

 

 

 

---------------

04/21/2017
【サポート】iZotope RX6販売開始に伴うRX5シリーズのダウンロード

 

RX5 to rx6
 
アップグレードユーザ様 関係各位
iZotope RX6 発表と同時に、iZotope社では、RX5(std/adv)、RXPlugin-pack、RXPostProductionSuiteのダウンロードが出来なくなりました。
弊社で最終バージョンのダウンロード先を準備させて頂きましたので、以下URLからインストーラをダウンロードしてください。
 
--- RX6 無償アップグレード期間について ---
要項:日本時間で 2017年4月6日以降 iZotope マイアカウント(my Account)へRX5 audio editor (std)、RX5 RX audio editorを新規登録したユーザ様は、同アカウントからRX6を無償サービスとして受け取る事ができます。(iZotope社のアカウントサービスです。licenseのみ配布)
RX6への無償自動アップグレード期間は、2017年5月21日頃(予定)まで。
 
ーーーー各種インストーラーーー
 
RX5std_AudioEditor 
 
RX5Adv_AudioEditor
 
RX_Plugin_Pack
 
RXPostProductionSuite
 
 
---------------

03/27/2017
第9回 データセンター展【春】 ADDER KVMシステム 出展

 

dl17_04_dc.gif

 

タックシステム株式会社は、2017年5月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイトにて開催される - Japan IT Week 春 2017 内 -  第9回 データセンター展【春】」に、現在世界で最も高い信頼性を誇るADDER デジタルKVMシステムを出展いたします。

 

adder-1.png

小間番号:No.東31-11 (東ホール)

出展内容:
・AdderLink Infinity:延長距離、接続台数無制限のIPベースデジタルKVMマトリクス・システムの最高峰
・AdderView DDX10/30 Series:10台(DDX10)または、30台(DDX30)までの小中規模のハイコストパフォーマンス・デジタルKVMマトリクス・システム
・AdderLink XD-IP(新製品):8x8までの小規模の延長及びマトリクスが可能な、IPベースデジタルKVMシステム
・AdderLink iPeps:Real VNCに対応したIPベースKVMリモート端末


上記ADDER 製品を応用した、台湾ACCORDANCE社の製造ライン監視システム「RCVM(Remote Control Video Management)」のソリューション・デモ展示を行います。

adder-2.png

---------------

03/15/2017
【記事訂正】Burl Audio 広告記事訂正

3/18日発売(予)PROSOUND誌掲載広告「Burl Audio」で、下記の価格間違いがございました。

下記の価格が正しい価格となります。

訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

 

----記----

 

3/18日発売:PROSOUND 2017年4月号 Vol.198

Burl Audioの広告

 

間違い

 

B80-BDA8

オープンプライス

(市場予想価格 ¥377,000(税抜))

 

B80-BAD8

オープンプライス

(市場予想価格 ¥251,000(税抜))

 

 

 

訂正

 

B80-BDA8

オープンプライス

(市場予想価格 ¥251,000(税抜))

 

B80-BAD8

オープンプライス

(市場予想価格 ¥377,000(税抜))

 

以上

---------------

01/20/2017
【iZotope】サポート情報 Neutron 1.01 発表

2017年1月18日リリース 改善及び機能強化版 Neutron 1.01 ダウンロード開始

NeutronのTrack Assistant機能は、コンピューターのユーザー名に日本語文字(2バイト)が含まれている場合、時計マークが回ったまま動作不能になる事が判明していましたが、改善された模様です。

最新のNeutron 1.01 は、コチラ(iZotope)からダウンロード可能です。(マイアカウントログイン必須)

最新のMusic Production Bundle 2.00b5 はコチラ(iZotope)からダウンロード可能です。(マイアカウントログイン必須)

 

Neutronリリースノート

 (リリースノート原文はコチラ

バージョン1.0.1 2017年1月18日リリース

改善及び機能強化版

CPU最適化

• マスキングメーター機能が有効でNeutronのユーザーインターフェースが閉じている際に最大20%のパフォーマンス向上を実現

• NeutronのEQ ユーザーインターフェース使用時に最大11%のパフォーマンス向上を実現

ゲイントレースメーター

• コンプレッサー及びトランジエントシェーパーのゲイントレースメーターで時折発生するレンダリングの問題を改善

アクセスのし易さ

• Appleのボイスオーバーモードとの互換性が向上し、視覚障がい者に対するアクセス性が大幅に向上

改善点

Neutronがファイルパスに存在するユニコード文字(日本語文字(2バイト))を認識せず、機能やプリセットにアクセスできない問題が改善

• 上記に関連した問題で、トラックアシスタントが10秒以内にジャンル識別をせずハングしてしまう問題が改善

• Neutronの設定がFL Studioで正しく保存されない問題が改善 • FL Studioでトラックアシスタント機能を使用する際、再生時に時折発生する問題を改善 • EQ曲線と操作点が時折誤って表示される問題が改善

• 5.1、7.0及び7.1形式で時としてチャンネル数の表示が誤っている問題が改善

• Windows 7及び10で発生し得るインストール時のエラーを改善

• Neutronヘルプマニュアルを更新: 更なるお助け機能へと向上!

• その他、種々のバグフィックス、最適化及び機能向上

• 更に: CakewalkのSONARユーザー向けとなる、パフォーマンス上の重大な問題に対する改善が含まれます

以上

---------------