製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > ニュース > 

全てのニュース

11/07/2018
InterBEE 2018 出展 / デモンストレーション情報

 

18_460-60_jp.gif

 

タックシステム株式会社は今年も「InterBEE2018」に出展いたします。

 

今年は、映像・放送関連機材部門 ホール7 に出展いたします(例年と出展ホールが変わります)。

新製品を多数揃え、皆さまのご来場お待ちしております。

 

ブースナンバー : 7410 (ホール7)

 

Avid S6/トライテック製品システム展示コーナー
新しいMacベースのDolby Mastering SuiteによるAVID S6+TACオリジナル「VMC-102」 モニタリング・コントローラーでのDolby Atmosステージを設備し、新しくグループに加わったトライテック製品とともにシステム展示デモを行います。また、Dolby Atmosミックス・セミナーおよび、開発者によるDolby Atmosに対応したThe Cargo Cultプラグインのデモンストレーションも行いますので、デモスケジュールをご確認ください。

22.2CHソリューションコーナー
22.2ch イマーシブオーディオ・ソリューションとして、32ch マルチチャンネルパワーアンプ「innosonix」やデジタルエフェクトプロセッサー「Eventide H9000」、24トラック・マルチチャンネル・レコーダー「Cymatic Audio uTrack24」、あらゆるモニタリング環境に対応するスタジオ・モニター・コントローラ「VMC-102」を用いて、プチ22.2CH再生環境を実体験していただけます。

ADDER KVMコーナー
「DDX」および「Infinity」を用いた最新のKVMマトリックスシステムをデモンストレーションにて体験いただけます。その他、4K対応製品情報や、「XDIP」「XD522」エクステンダー、多数展示しKVM関連のソリューションを展示します。

Decimator Designコーナー
マルチビューワーDMON-6S/DMON-16Sを展示、マルチビューの詳細設定、機能説明を行います。
DMON-QUAD、DMON-4S、DMON-12Sなど、直接製品を手に取って頂き、コネクター形状や、放熱性、カメラ機器とのマウント例についてご案内いたします。
MD-CROSS/MD-HXの映像出力方式の変更方法や、カラーパターンの出力例、入力可能信号の確認及び素材信号に左右されず、出力信号を固定する機能などをご紹介します。

Visonary Solutionコーナー
4K UHDをネットワーク伝送でき、さらにDante Audioに対応したコンパクトなエンコーダー/デコーダーによる伝送システムのデモンストレーションを行います。QSCのシステムとの連携によって映像とマルチチャンネル音声を伝送するシステムをご紹介いたします。


オーディオ機器コーナー
オーディオ関連機材として、「DirectOut Technologies」MADI関連製品、「Cymatic Audio24ch マルチトラックレコーダー」、「NTP /DAD 高品位 AD/DA オーディオインターフェイス」などを展示、Audio over IP(AES67/Ravenna /Dante)製品も多数展示いたします。
レコーディング関連機材としては、Millennia マイクプリアンプや、Burl Audio AD/DAコンバータ、Yellowtec マイク/モニター・マウントシステムなども展示いたします。

Sonnet Technologies・One Stop Systemsコーナーでは、映像系プロクリエイター・エディターのVFX、アニメーション、カラーコレクション、レンダリング、編集等の作業やVR開発者向けの外部Thunderbolt 3-PCIe拡張ソリューションとして、Sonnet Technologies「eGFX Breakaway Box」「Echo Express III-D」「Echo Express III-R」及びOne Stop Systems「ExpressBox 3T-V3」等を展示いたします。

 

GB Labsコーナー
GB Labs社FastNASシリーズ、及びその新製品「FastNAS F-8 Studio」を国内初展示。
隣接した株式会社アスクブース(ブース No. 7206)と高速ネットワークにて相互通信による「SPACEシリーズ」「Easy LTO」の実機デモも行います。



iZotopeデモンストレーションコーナー
新発売の「iZotope RX7」、「Nectar 3」等のデモンストレーションを行い、映像編集ソフト上での活用方法もご紹介いたします。


 

デモンストレーションスケジュール(予定)

11月14日 スケジュール
  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減        
11:00  

Dolby ATMOS ODS実作業における

ワークフロー/サラウンドミックスセミナー 

11:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
13:00   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:30 NECTAR3:ポスプロ編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
15:00  

Dolby ATMOS ODS実作業における

ワークフロー/サラウンドミックスセミナー

15:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&

作業ワークフロー

16:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
17:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  

 

11月15日 スケジュール
  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
11:00 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
11:30 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
11:30   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:00 NECTAR3:ポスプロ編  
13:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
15:00 NECTAR3:ポスプロ編  
15:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&

作業ワークフロー

16:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  

 

11月16日 スケジュール
  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
11:00  

Dolby ATMOS ODS実作業における

ワークフロー/サラウンドミックスセミナー 

11:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
12:30   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:00 NECTAR3:ポスプロ編  
13:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
15:00 NECTAR3:ポスプロ編  
15:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&

作業ワークフロー

16:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  

 

Dolby ATMOS コーナー デモ内容

 

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー
9月27日に大盛況だったTACセミナーが蘇る!!
Dolby ATMOS対応スクリーンでODS配信、大好評となっている「劇場版 Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」のミックス作業をおこなった(株)サウンドイ ンスタジオ 技術部長 レコーディングエンジニア 浜田 純伸氏をお招きし、ATMOSミック スのワークフロー、実体験談、テクニック等を含めたセミナーとなります。セミナーでは 現在劇場にてアンコール上映中と同じ実セッションを特別に利用、再生致します。

 

コンテンツ詳細情報はこちら
Linked Horizonのプロフィールはこちら

 


講師 : 浜田純伸氏
(株)サウンドインスタジオ 技術部長 レコーディングエンジニア
 


Dolby ATMOS 最新インフォメーション&作業ワークフロー
Dolby Japan 中山 尚幸氏による、Dolby ATMOSの基礎的なインフォメーションと同社の世界戦略や実際に作業を行う際のワークフローを丁寧にご紹介します。ATMOSにご興味がある方、商業的にATMOSを活用したいと考えている方々へお勧めいたします。同ブースに動態展示をしている最新のMacOS版 Dolby ATMOS HT-RMU Rendering and Mastering Software の詳細情報もご案内致します。

講師 : 中山尚幸氏
Dolby Japan 株式会社
 

 

▼講師紹介(外部講師 50音順)

 

▽Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング

3.jpg

江夏 正晃氏 (株式会社マリモレコーズ)

 

音楽家、DJ、プロデューサー、エンジニア。エレクトロユニットFILTER KYODAIやXILICONのメンバーとして活動する一方、多くのアーティストのプロデュース、エンジニアなども手掛ける。また株式会社マリモレコーズの代表として、映画音楽、CM、TV番組のテーマ曲など、多方面の音楽制作も行う。ヘッドホンやシンセサイザーのプロデュースなども手掛け、関西学院大学の非常勤講師も勤める。著書に「DAWではじめる自宅マスタリング」(リットーミュージック)などがある。自他ともに認めるシンセサイザー好きで、ビンテージ、アナログシンセはもとより、最近はモジュラーシンセを使った制作、ライブなども積極的に行っている。

 

RX7 ポスプロ:エンジニア編

4.gif

染谷 和孝氏 (有限会社 ビー・ブルー 青山スタジオ)

サウンドデザイナー/リレコーディングミキサー
1963年東京生まれ。東京工学院専門学校卒業後、(株)ビクター青山スタジオ、(株)IMAGICA、(株)イメージスタジオ109、ソニーPCL株式会社を経て、2007年(株)ダイマジックのスタジオ設立に参加。2014年より有限会社 ビー・ブルーに所属を移し、サウンドデザイナー/リレコーディングミキサーとして活動中。
2006年よりAES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティー)「Audio for Games部門」のバイスチェアーを務める。また、2016年9月よりAES日本支部 教育理事を担当。
 

 

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー 

浜田純伸氏(株式会社 サウンドインスタジオ)

1984年九州芸術工科大学(現、九州大学)芸術工学部音響設計学科卒業。専攻は空間音響。同年4月、株式会社にっかつスタジオセンター入社。主に映画音楽の録音にアシスタントとして参加。1985年作曲家 久石譲のもとで、株式会社ワンダーステーション設立に参加。以後、久石譲を始めとして、数多くのセッションに参加する。1996年“Kids Return”のメインテーマ曲録音において、日本プロ音楽録音賞受賞。1993年(社)日本音楽スタジオ協会理事を務めた後、日本ミキサー協会の設立に携わり、理事となる。2007年ワンダーステーションの売却に伴い、メモリーテック株式会社スタジオ事業部へ移籍。2012年ポニーキャニオンへのスタジオ売却のため、同社を退社。フリーとなる。ブッキングマネージメントは㈱クレイコーポレーションに委託。2014年7月株式会社サウンドインスタジオに所属、技術部長。現在、株式会社サウンドインスタジオ執行役員技術部長、日本ミキサー協会会員,日本音響学会会員,専門学校HAL東京 非常勤講師。

 

 

RX7ポスプロ:サウンドデザイン編

makisesan.gif

牧瀬能彦氏

1994年株式会社アックス(元サウンズアート)に入社し、音響効果としてのキャリアをスタートさせる。その後、テレビドラマをメインに多くの作品に携わる。
代表作品にTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」があり、400本以上の「渡る世間は鬼ばかり」を担当し、その他多くの橋田壽賀子ドラマを「音」で支えている。
そして現在はハリウッドに移住し、ハリウッドと日本を股に掛けた活動が開始された。国内外での活動も期待されるクリエイターである。



最近の作品
TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」2018年スペシャル

 

 

NECTAR3:ポスプロ編

Geoff.png

Geoff Manchester氏

ジェフ・マンチェスターは、iZotope社のプロダクトスペシャリスト・オンライン動画コンテンツ制作担当。映画やテレビ番組の作曲家でもあり、MAミキサー、エンジニアとしても活躍中。2016年のNY/LA映画祭でベストドキュメンタリー賞を受賞した「Marriage: Shattered Vows」の音楽を担当。また、若手作曲家に向けた教育コンテンツを制作するYoutubeチャンネル「Manchester Music」の運営も行っている。

 

 

▽The Cargo Cult サラウンド デモ

JWebster.jpg

Justin Webster氏

ジャスティン・ウェブスターは、The Cargo Cult社のCEOでありデザイナーです。
The Hobbit、Ready Player OneやTintinと言ったフィルムのサウンドエディターというキャリアを持つ傍ら、今日はポストプロダクションワークにとって重要なソフトウェアの開発を行っています。ニュージーランドにあるカーゴカルト社は現在Conformalizer、Spanner、Slapper、Stemcell、Envyといった5つの製品をリリースしています。

 

---------------

10/18/2018
【NEYRINCK】iLok activationURLが変わりました。

Neyrinck社HP更新に伴い、予告なく「iLok activation」URLが変更になりました。
旧)http://www.neyrinck.com/activation/
新)https://neyrinck.com/activate/
 
以上
---------------

10/15/2018
145th AES Convention NYに出展いたします

 

タックシステム株式会社は145th AES NY Conventionに出展いたします。

 

展示会日程:2018年10月17日(水)〜19日(金)10:00〜18:00(最終日のみ16:00まで)

会場Jacob K. Javits Convention Center - New York, NY

ブースナンバー504L(Avid Partner Pavilion内)

展示内容VMC-102

 

会場にお越しの方は是非弊社ブースにお立ち寄りください。

---------------

10/09/2018
InterBEE 2018 出展のご案内 とご挨拶

 

拝啓 秋晴の候、増々ご清栄のこととお慶び申し上げます。


 

平素は、格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。


さて、この度タックシステム株式会社代表取締役社長 山本隆彦は、株式会社トライテックの代表取締役を兼任することになりました。



タックシステム株式会社は海外製品の輸入販売に力をいれ、快適なシステムを提案するべく、全世界に販売する商品も開発し続けています。また、年間保守、 サポートプログラムも充実させ、安定した最適な環境で業務を行えるよう、 様々なソリューションを提案してきました。今後も音響製品を中心とし、映像、ネットワークシステムまでトータルでサポートさせていただきます。

株式会社トライテックは、音楽スタジオ、MAスタジオ、放送局など、音のプロフェッショナルの方々をサポートする専門集団として、1981年以来30年以上に及ぶ経験と実績を積んできました。

2つの独立した組織として引き続き業務を行いながらも、代表取締役を兼任することで両社の強みを十分に出し合い、これまで両社を支えていただいた皆様にご評価いただける製品とサービスをご提供できるものと確信しております。

「InterBEE 2018」におきましては、タックシステム株式会社と株式会社トライテックは同じブースに出展します。ホール出展コマ番号は、映像制作/放送関連機材部門 /ホール7 /7410です。皆様お誘い合わせの上、お立ち寄りください。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
 

 

敬具

平成30年10月


タックシステム株式会社 株式会社トライテック
代表取締役社長 山本隆彦

株式会社トライテック
取締役相談役  齋 木 正 已

---------------

09/27/2018
TACセミナー 37 「 iZotope RX7 & Dolby Atmosミックスセミナー」開催

seminerlogo.gif

第37回タックセミナー「iZotope RX7 & Dolby Atmosミックスセミナー」を開催いたします。

 

先月リリースされ話題を呼んでいる「iZotope RX7」、昨年から急速に注目されているイマーシブオーディオをメインにし、特にレコーディングスタジオでお仕事をされているエンジニアの方々へお届けしたい、豪華ゲストをお呼びした必見の内容となっております。

 

開催日2018年10月5日(金)
時  間15:00〜18:30
場  所サウンドインスタジオ/A Studio
    (東京都千代田区四番町5-6日テレ四番町ビル1号館6F) MAP

 

内容:

第1部
「Tac Information」
9月にアムステルダムにて開催されたIBC2018での最新機器情報をご紹介いたします。
Directout Technologies、DAD、他

 


第2部
「実践!Dolby Atmosミックスセミナー」
昨年からProToolsのアップデートによって、制作システムのハードルが大幅に下がったDOLBY ATMOS。イマーシブサウンドを利用した音楽コンテンツが急速に広まっており、劇場での期間限定イベントは大盛況のようです。
本セミナーは会場となる『サウンドインスタジオ』様のご協力により、Dolby Atmos Homeフォーマットの試聴環境を構築し、先日同スタジオで行なったAtmosミックスから劇場用ダビングステージへ移動して、ファイナルミックス作業をされた実際のコンテンツを使用しながら、作業を行った浜田氏をお招きして、実作業体験をご紹介させて頂きます。

講師:(株)サウンドインスタジオ 技術部長 レコーディングエンジニア 浜田 純伸氏
 

 


第3部
「音楽制作向けiZotope RX7新機能紹介」
先日リリースとなりました米国iZotope社のオーディオ・レストレーション・ソフトウェア「RX7」の驚くべき新機能についてご紹介いたします。

特に今回は、音楽制作にフォーカスを当てた新機能としてミキシングが終了した2ミックスの音のバランスを調整できるミュージック・リバランス機能、Pro ToolsのDolbyAtmosトラック(7.1.2)まで対応したサラウンドトラック機能、レストレーション作業を手助けする画期的なリペアー・アシスタント機能などをご紹介いたします。是非ご期待ください。
 

講師iZotope,Inc. プロダクトスペシャリスト Geoff Machester(ジェフ・マンチェスター)氏
講師
エンジニア 村上 輝生氏

 

 

お申込終了

定員になりましたので申し込みを締め切りました。

*定員(45名)になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。受付完了メールの送付をもって受付となります。

 

*ご来場の際は公共交通機関のご利用をお願いいたします。


 

---------------

09/13/2018
【iZotope】RX7 スタートアップキャンペーン

kyannpe-nn

iZotope社からオーディオリペアー・ソフトウェアとしてのフラグシップモデルiZotope RXの新バージョン「RX7」が発売されました。発売を記念して「スタートアップキャンペーン」を行います。

<RX7無償アップグレード対象期間>
・2018年8月13日〜2018年8月31日に上記対象製品のSNをアクティベートされたお客様
・2018年9月13日以降にアップグレード対象製品をアクティベートされたお客様
 
※ 2018年9月1日以降でSNをアクティベートされたお客様へは、
iZotope本国より無償アップグレードが自動的に付与されています。
 
<RX7無償アップグレードリクエスト方法>
問い合わせ先(iZotope)
を開きます。
 
簡単な説明書はコチラ
 
文面(MESSAGE)サンプル
 
Hello,
Could you provide the free UPG serial number.
iZotope Account:お客様のメールアドレス
Serial Number: SN-から始まるライセンス番号
Best Regards,

kyannpe-nn

キャンペーン情報

キャンペーン期間: 2018年9月13日〜2018年10月31日迄

■パッケージ

 

通常価格:OpenPrice

 

型番

詳細

 

税別価格

 

市場予想

1

RX Post Production Suite 3

RX7 Advanced, Insight2, Neutron 2 Advanced, RX Loudness Control

4560263764713 

¥101,000

 

¥170,000 

2

RX 7 Advanced  

RX 7 Advanced  

4560263764720 

¥81,000

 

¥140,000 

3

RX 7 Standard

RX 7 Standard

4560263764737 

¥30,000

 

¥42,000 

4

RX 7 Elements

RX 7 Elements

4560263764744 

¥10,000

 

¥16,000 

5

Insight 2

Insight 2

4560263764751 

¥15,000

 

¥20,600 

■RX7<アップグレード>

 

通常価格

 

型番

詳細

 

税別価格

 

標準価格

1

70-PPS3_UPPPS2

Post Production Suite 3 Upgrade from PPS 2

4560263764768 

¥35,000

 

¥50,000

2

70-PPS3_UPPPS1

Post Production Suite 3 Upgrade from PPS 1

4560263764775 

¥40,000

 

¥50,000

3

70-PPS3_UPG7ADV

Post Production Suite 3 Upgrade from RX 7 Advanced

4560263764782 

¥30,000

 

¥30,000

4

70-PPS3_UPGADV

Post Production Suite 3 Upgrade from RX 1-6 Advanced

4560263764799 

¥40,000

 

¥71,000

5

70-PPS3_UPGSTD

Post Production Suite 3 Upgrade from RX 1-7 Standard

4560263764805 

¥71,000

 

¥111,000

6

70-PPS3_UPGRXEL_PIP

Post Production Suite 3 Upgrade from RX Elements/RX Plug-in Pack

4560263764812 

¥91,000

 

¥139,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

70-RX7ADV_UPA

RX 7 Advanced Upgrade from RX 1-6 Advanced

4560263764829 

¥30,000

 

¥40,000

8

70-RX7ADV_UPS

RX 7 Advanced Upgrade from RX 1-7 Standard

4560263764836 

¥50,000

 

¥81,000

9

70-RX7ADV_UPRXEL

RX 7 Advanced Upgrade from RX Elements/RX Plug-in Pack

4560263764843 

¥71,000

 

¥108,000

10

70-RX7S_UPS

RX 7 Standard Upgrade from RX Standard or Advanced

4560263764850 

¥15,000

 

¥20,000

11

70-RX7S_UPRXEL

RX 7 Standard Crossgrade from RX Elements

4560263764867 

¥20,000

 

¥27,000

12

70-RX7S_XGRXPIP

RX 7 Standard Crossgrade from RX Plug-in Pack

4560263764881 

¥20,000

 

¥27,000

13

70-RX7S_XG

RX 7 Standard Crossgrade from Any Standard/Elements

RX 7 Standard Crossgrade from AnySTD,All Products

4560263764898 

¥20,000

 

¥40,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14

70-IN2_UPIN1

Insight 2 upgrade from Insight 1

4560263764904 

¥10,000

 

¥10,000 

 
[UPG & CROSS ご発注時に必要な情報]
●お客様のiZotope社 アカウントID(e-mailアドレス)
●現在お使いのプラグイン名
※メール納品になります。
(ご発注担当者の方へお送り致しますのでご発注書にメールアドレスをお願い致します。)
 
AnySTD,All Products対象外製品: DDLY, Mobius Filter, および Neutrinoなどの無償提供品
---------------

08/31/2018
【iZotope】RX7プリセールスキャンペーン

キャンペーン

 

 このたびiZotope社からオーディオリペアー・ソフトウェアとしてのフラグシップモデルiZotope RXがの新バージョン「RX7」が発売されることとなりました。
「RX7」発売日は、9月13日(木)となり、その発売に合わせて明日8月31日(金)より「RX7プリセールスキャンペーン」を行うこととなりました。「RX7プリセールスキャンペーン」は、現行の「RX6」をキャンペーン特別価格にて販売、もちろん「RX7」へのアップグレードの権利がついています。


なお、8月13日以降に「RX6」お買い上げされたお客様は、「RX7」へアップグレードが可能です。​※

※無償アップグレード方法は現在iZotope社と協議中です。内容確定次第お知らせいたします。

 

日本独占先行キャンペーン 2018年831日~2018年9月12日迄

■RX7 プリセースルスキャンペーン

型番

詳細

JAN

キャンペーン税別価格

 

通常価格:OpenPrice

Post Production Suite 2.1

Post Production Suite 2.1

4560263764379

¥101,000

 

¥170,000

RX 6 Advanced

RX 6 Advanced

4560263764393

¥81,000

 

¥140,000

RX 6 Standard

RX 6 Standard

4560263764409

¥30,000

 

¥42,000

RX Elements

RX Elements

4560263764386

¥10,000

 

¥16,000

 

■RX7プリセースルス      <アップグレード>

型番

詳細

JAN

キャンペーン税別価格

 

通常価格:OpenPrice

70-PPS2.1UP_PPS

Post Production Suite 2.1 Upgrade from PPS 1

4560263763563

¥40,000

 

¥52,000

70-PPS2.1UPG6ADV

Post Production Suite 2.1 Upgrade from RX 6 Advanced

4560263763655

¥20,000

 

¥30,000

70-PPS2.1UPGADV

Post Production Suite 2.1 Upgrade from RX 1-5 Advanced

4560263763556

¥40,000

 

¥70,000

70-PPS2.1UPGSTD

Post Production Suite 2.1 Upgrade from RX 1-6 Standard

4560263763549

¥71,000

 

¥110,000

70-PPS2.1UPGRXPIP

Post Production Suite 2.1 Upgrade from RX Elements/RX Plug-in Pack

4560263763662

¥91,000

 

¥140,000

 

 

 

 

 

 

70-RX6ADVUPA

RX 6 Advanced Upgrade from RX 1-5 Advanced

4560263763532

¥30,000

 

¥42,000

70-RX6ADVUPS

RX 6 Advanced Upgrade from RX 1-6 Standard

4560263763525

¥50,000

 

¥84,000

70-RX6ADVUPRXPIP

RX 6 Advanced Upgrade from RX Elements/RX Plug-in Pack

4560263763686

¥71,000

 

¥108,000

70-RX6UPS

RX 6 Standard Upgrade from RX 1-5 Standard

4560263763501

¥15,000

 

¥20,000

70-RX6UPRXE_RXPIP

RX 6 Standard Crossgrade from RX Elements/RX Plug-in Pack

4560263763518

¥20,000

 

¥28,000

20-RX6_XG

RX 6 Standard Crossgrade from Any Standard/Elements

4560263763495

¥20,000

 

キャンペーンのみ

 

 

 

 

 

 

70-RXEUP_RXPIP

RX Elements crossgrade from RX Plug-in Pack

4560263763679

¥4,900

 

¥6,800

 
★RX7無償アップグレード対象は
2018年8月13日以降にRX Elements、RX6 Standard、RX6 Advancedをご購入いただいた方となります。
先日のFlashSale Vol.3にてRX Elementsをご購入いただいた方も無償アップグレード対象となります。
無償アップグレード方法は後日内容が確定次第、別途ご案内申し上げます。
Music Production Suite Vol,1 (RX 6)は、今回アップグレード対象外となります。
---------------

08/31/2018
【お詫び】iZotope O8N2 国内製品シリアル番号 不良のお詫び

【お詫び】iZotope O8N2 国内製品シリアル番号 不良のお詫び

 

この度、iZotope O8N2 パッケージ製品一部のlotに不良シリアル番号が記載されている事が判明しました。

誠に申し訳ありません。今後このような事が起こらないよう注意させていただきます。

 

不良シリアルが混入した製品

O8N2 バンドル

JAN:4560263764331

 O8N2

 

対象製造番号:83811〜83822 、83839〜83849

パッケージ裏面(TAC 社内管理番号/「はじめにお読みください」2ページ シリアル番号下「製造番号863754-下5桁」)

現象:

シリアル番号

OZONE8 ADV マシンオーソライズ(チャレンジ/レスポンス)記載ライセンス

誤)

OZONE8 ADV - 〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇

正)

SN-O8ADV - 〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇

 

SEIGOHYOU

ーーご注意くださいーー

  シリアル番号で利用される、SN-O8ADV〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇- 〇〇〇〇

O=英語表記のオーです。  NG=SN-08ADV   0=ゼロ X

 

ご不明点は購入後サポート問い合わせまで

---------------

08/30/2018
【iZotope】製品認証方法が変わりました。

iZotope 製品の認証方法が変わりました。 

これまで、「iZotope My account」にログインし、ライセンス登録後、iZotope My account内で「チャレンジ/レスポンス」、「iLok」の二種類のオーソライズに加え「iZotope ProductPortal」アプリケーション管理も利用可能です。

オフラインでの認証を可能にする為、「チャレンジ/レスポンス」認証もこれまで通り利用可能になりました。

旧来の「はじめにお読みください」最終バージョンはコチラ

 

オーソライズの種類は、これまで通り、「チャレンジ/レスポンス」、「iLok」の二種類のオーソライズ方法があります。

複数台で動作させる場合、稼働本数分(コンピュータ1台につき1つ)のライセンスが必要です。


iZotope Product Portalをインストールするにはどうすればよいですか?

file

iZotope Product Portal(アイゾトープ製品ポータル、アイゾトープ・プロダクト・ポータル)はダウンロード可能なアプリケーションです。(Macintosh/Windows)
iZotopeソフトウェアをシームレスに一元管理することができます。 製品ポータルでは、製品ポータル内で直接製品をダウンロード、インストール、承認、および購入することができ、最新のソフトウェア更新プログラムをより簡単に入手できます。

プロダクト・ポータルを使用すると、iZotopeソフトウェアを条件に基づいて管理し、ソフトウェアライセンス、試用版ダウンロード、およびソフトウェアアップデートの管理とインストールを簡単に行うことができます。 

   
   

iZotope Product Portalは、以下のiZotope製品をサポートしています。

Alloy 2
BreakTweaker (including all expansion libraries)
DDLY
iDrum
Insight
Iris 2 (including all expansion libraries)
Mobius Filter
Nectar 2
Nectar 2 Production Suite
Neutrino
Neutron
Neutron Elements
Neutron 2
Ozone 6
Ozone 7
Ozone 8
Ozone Imager
RX 4
RX 5
RX 6
RX Final Mix
RX Loudness Control
RX Plug-in Pack
Stutter Edit (including all expansion libraries)
Trash 2 (including all expansion libraries)
Vinyl
VocalSynth
VocalSynth 2
What system specifications does Product Portal require?
We recommend the following minimum system requirements to run iZotope Product Portal:
 
Windows: 7, 8, and 10
Mac: OS X 10.9–10.13 (Intel only)
 
 
Product Portalをダウンロードしたら、ファイルのダウンロードをダブルクリックしてインストールウィンドウを開きます。 画面の指示に従ってインストールしてください。 インストールが完了したら、iZotopeアカウントのログイン情報を使用してProduct Portalにサインインしてください。
アカウントの詳細がわからない場合や、iZotopeアカウントをお持ちでない場合は、このページにアクセスしてアカウント情報を取得するか、iZotope My accountを作成してください。
 
ポータルの利用方法について
 
 
【ご注意】
「はじめにお読みください」冊子に記載されている内容で、製品の登録作業、オフライン認証(チャレンジ/レスポンス、およびiLok認証)はMy accountでも可能です。
 
簡単なガイダンス(MAC版)を準備しておりますので、インストール時ご参照ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

各種ダウンロードリンク

Music Production Suite 2 - Product Installer Links
Download Ozone 8 Advanced
 
Download Neutron 2 Advanced
 
Download RX 7 
 
Download VocalSynth 2
 
Download Nectar 3
 
Download Insight 2
 
 
 

Melodyne 4 essentialについて
 
すでにMelodyne 4 Editor/Studioをご利用中のユーザ様は以下の点をご注意ください。
 
Nectar 3 、Music Production Suite 2には、「Melodyne 4 essential」が含まれています。
Nectar 3 、Music Production Suite 2インストーラと、「Melodyne 4 essential」は別々のインストーラです。(ご購入後、以下サイトよりインストーラをダウンロードしご利用いただけます。Nectar 3 、Music Production Suite 2をインストールしても「Melodyne 4 essential」はインストールされません。
 
Melodyne 4 essential ダウンロード、シリアル発行は、こちらの手順をご案内ください。
 
インストール方法
 
 
新たにMelodyne 4 essentialをインストールした場合、既存のMelodyne 4 Editor/Studioを上書きインストールする可能性があります。ご注意ください。
同じバージョンのエディション違いの共存はできず、またすべての機能は上位バージョンに含まれます。
 
-原文-
as a general information: it is not possible to have different “Melodyne 4” editions on the same computer setup, since they all share the same program file and plugin files. It also doesn’t make any sense, since a customer of "Melodyne 4 studio” has all features "Melodyne 4” offers, so "Melodyne 4 essential” would be of no use here.
In your particular case there is literally no reason whatsoever to try to install "Melodyne 4 essential” on a system that contains already "Melodyne 4 studio”. "Melodyne 4 studio” can also be used in the exact same way in any third party program that comes with "Melodyne 4 essential” as "Melodyne 4 essential” can.
 
Melodyne 4 Editor/Studioについて、iZotope社および弊社では一切のサポートをお受けしません。本件についてのお問い合わせは直接、celemony社へお願いします。
 
問い合わせ先
support@celemony.com
----
 
 
 
---------------

08/28/2018
LOGICJAM放送機材展 2018 に出展いたします

タックシステム株式会社は、今年も、LOGICJAM放送機器展に出展いたします。


開催日時 :

2018年8月29日(水)9:30-18:00

 

開催場所 :    

ロイトン札幌3階 ロイトンホールA・B
札幌市中央区北1条西11丁目 地下鉄東西線 西11丁目駅より 徒歩3分
ブース番号 5番(Avidのとなり)


展示機材内容

Avid
・ProTools Ultimate 2018.8 with HDX & HD Omni
・S3 and ProTools Control
・Media Composer 2018.8 with Video Satellite
・DNxIV
・Dolby Atmos Production Suite Plugin

MAGMA
・EB-3T - Thunderbolt 2 Expansion Chassis

Sonnet
・SOLO 10G - Thunderbolt3 to 10Gb Ethernet I/F

Decimator
・DMON-16S
・DMON-6S
・DMON-QUAD
・MD-LX
・MDDUCC

KSDigital
・C-5 Reference - Monitor Speaker


Avid Boothに設置されているNEXIS PROをサーバにデータを共有しております。
北海道でお仕事をされている方々、ご来場お待ちしております。

---------------