製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > ニュース > 

全てのニュース

09/13/2013
【IBC2013 現地レポート】緊急告知 Avid 新製品「S6」プライベートデモのお知らせ

緊急告知! Avid 新製品「S6」プライベートデモのお知らせ
s6

 

タックシステムは、IBC2013(アムステルダム)においてAvidより発表となる新製品「S6」の日本人来場者のためのプライベートデモを現地会場内Avidブースにて開催致します。
現地へおいでの方は、下記の時間と場所に集合頂ければ、この新製品のデモを間近でご覧頂くことが出来ます。

日時 2013年9月13日(金) 17:20(アムステルダム現地時間)
場所 HALL7 Avidブース(7.J20)受付
現地対応 タックシステム株式会社 山崎(連絡先+81-90-8507-0741または、タックシステムブースHall7 7.F09)

 

現地レポートはコチラ

---------------

08/16/2013
【AES60周年イベント情報】Softube Console 1上陸!

  console1

    【AES60周年イベント情報】「Softube Console 1」上陸!

フランクフルト・ミュージック・メッセやNAMMショウで話題となっておりました、Softube社から発表された初のハードウェア「Console 1」プラグイン・コントローラを、いち早く8月23?24日に開催される

「AES日本支部60周年イベント」にて展示致します。

▼このイベントは終了しました。

---------------

08/06/2013
AES日本支部60周年イベント協賛/出展のお知らせ

 

タックシステムでは、「AES日本支部60周年記念イベント」に協賛/出展いたします。

 

今回のイベントは、多くのオーディオ・エンジニアの方々がオーディオの世界に携わる要因となったであろう【音楽】に焦点を当て、「原点回帰〜音楽が我々に与えたもの」をテーマにライブ演奏、録音などを含めた多くの方々が楽しめるような多彩な企画が用意されています。

 

タックシステムもプロダクトセミナー、機器展示を行います。

皆様のご来場お待ちしております。

 

 

◇開催日時
平成25年8月23日(金)・24日(土)

10:00〜18:00

▼このイベントは終了しました。

 

◇開催場所
東京芸術大学千住キャンパス
〒120-0034 東京都足立区千住1-25-1

◇最寄駅
JR北千住駅(下車徒歩約5分)
地下鉄千代田線・日比谷線北千住駅(下車徒歩約5分)
東武鉄道東武伊勢崎線北千住駅(下車徒歩5分)
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス北千住駅(下車徒歩5分)

◇テーマ
   「原点回帰〜音楽が我々に与えたもの」

 

◇事前web登録

イベントの参加には事前web登録をお願い致します。

申込方法等詳しくは、特設ホームページでご確認ください。

*一部イベントはイベントごとに参加登録が必要です。

▼このイベントは終了しました。

 

 

◆タックシステム機器展示

Directout Technologies :MADIインターフェイス

Millennia :マイクプリアンプ、

AEA、Royer Labs:リボンマイク

SM Pro Audio:500シリーズ

iZotope、Softube:プラグイン

 

 

タックシステムプロダクトセミナー

 

■プロダクトセミナー No.11 / 8月24日(土) 10:00–12:00 第1講義室

タックシステム株式会社主催

 

◎セミナータイトル

iZotope社新製品発表

 

◎講師
iZotope,Inc. Zac Kenny氏
(株)東海サウンド 染谷 和孝氏
エムズ・ラーニングセンター因 正博氏


◎内容

高機能なマスタリング・プラグインOzone5、一世を風靡したレストレーション・ソフトウェアRXなど、独特な製品ラインナップを持つiZotope社から、新製品「RX3」をいち早くご紹介致します。

 

-----------------

 

■プロダクトセミナー No.1 / 8月23日(金) 10:30–12:30 大会議室

メディアインテグレーション株式会社、タックシステム株式会社協賛

 

◎セミナータイトル

AES特別セミナー「Restoration Competition」

 

◎講師

(株)東海サウンド 染谷和孝氏

 

◎内容

近年アーカーイブやオーディオ・ポストプロダクション作業にて、映画、TVに限らず音楽制作現場においても多く使用されているノイズリダクション・ソフトウェアを実際の現場でどのように活用しているか、

熟練したエンジニアの方にそのテクニックを披露して頂きます。

いくつかの課題の音声ファイルをもとにどのようなソフトウェアをどのように使用して実際の処理を行っているか、エンジニアによる実践的な手法を知ることができるセミナーです。

 

-----------------

 

■プロダクトセミナー No.12 / 8月24日(土) 12:15–14:15 第1講義室

タックシステム株式会社、メディアインテグレーション株式会社、ヤマハ株式会社協賛

 

◎セミナータイトル 

AES特別セミナー「ネットワーク・デジタル・オーディオ伝送最新動向」

 

◎内容

MADI、Ethernetなど、多くのデジタル・オーディオ伝送の技術が乱立する中、規格、フォーマットおよび最新機種の紹介と、どのようなステージにどの方式が適するかなどを検証致します。

 

 



「AES日本支部60周年記念イベント」の詳細、最新情報は特設ホームページまで

 

 ▼このイベントは終了しました。

 

 

---------------

07/14/2013
【SM Pro Audio】500 シリーズ登場!

500
SM Pro Audioは、新たに500シリーズをラインナップに加え、非常にユニークな機能を持つ各モジュールを高品質かつリーズナブルな価格で実現することができました。

SM Pro Audio 500 Series  JuiceRac、JuiceBlockシリーズの大きな特徴として、市場で現存する他の500シリーズの電源ユニットと比較して非常に大きな電源容量を備えています。

オリジナルのAPI™仕様は、各スロットあたり130mA以内の電源消費電力を規格として提唱していましたが、多くのメーカーがその規格よりも多くの電力を必要とする500シリーズのモジュールが販売されています。 SM Pro Audio JuiceRac、JuiceBlockシリーズは、この豊富な電源供給能力によって、どこのブランドの500シリーズのモジュールでも余裕を持って正常に動作させることができるように設計されています。

モジュールを埋め込む(電源)ラックのタイプは、以下の4種類です。
500

SM Pro Audio 500 Seriesについて詳しくはコチラ
---------------

07/11/2013
【On-lineStore】iLok2(White)再入荷しました。

ilok2

 

 

iLokは、複数の異なるソフトウェア・ベンダーから発行されたライセンス(500ライセンス)を一つのiLokキーで保持できるUSBドングルです。

通常販売されているilok2はBlack

 

このiLok2のWhiteバージョンをナニゲにFBで紹介すると大反響。準備していたWhiteがあっと言う間に売り切れた事を受け、再度Whiteバージョンを入荷しました。

 

・WhiteバージョンはBlackバージョンの色違いで、内部仕様は同一です。

・Blackバージョンのパッケージングと異なり、工場ロット(iLok2White)のみを出荷します。説明書は付属しません。

・価格もBlackと同一です。

 

スタジオで、無数のiLok2Blackが刺さったポートを眺めて「あれ?、アタイのiLokこれかな?」と悩まなくても良くなる・・・かも知れません。

 

ilok2White_500

 

オンラインストア:会員価格で発売中! 

    

購入はこちら

 

 

  

 

---------------

07/02/2013
【キャンペーン】Stutter Edit 1万円OFFキャンペーン

 

iZotope社 StutterEdit(スタッターエディット)1万円OFFキャンペーン開催中。

 

キャンペーン期間:7月1日(月)?7月31日(水)

キャンペーン対象製品 製品情報
▼商品名 :iZotope Stutter Edit
通常価格:¥29400(市場予想価格 税込)
キャンペーン価格:¥18,900   (¥18,000税別)

オンラインストア:キャンペーン価格で発売中!

購入はこちら

 

 

  

 

---------------

07/02/2013
【Softube】 AAX 64bit ProTools11対応時期について

【Softube】 AAX 64bit ProTools11対応時期について

Softube製品は、AAX32bitに対応しています。
AAX64bitフォーマット・プラグインは9月にリリース予定(対応が遅れている模様)です。
記事原文はコチラ(Softube HP 英文)

現状の最新システム要件(2013/7/1現在)は以下の通りです。

システム要件:
Windows: XP (32-bit), Vista (64-bit), 7 (32- & 64-bit), Windows 8
Mac: OS X 10.6 以上(Intel Macs のみ)
1GB以上のRAM領域、1024×768ピクセル以上の画面解像度
AAX DSP対応:(TSAR-1/TSAR1R)を除く全てのSoftube製品

 

 

Softube製品動作環境について、最新情報はコチラをご参照ください。

( 64bitAAXには現段階で未対応です。:2013/10月現在)

 

---------------

07/02/2013
【iZotope】 Ozone5,Insight,Trash2 AAX ProTools11対応

【iZotope】 Ozone5,Insight,Trash2 AAX ProTools11対応

アップデート情報

aax64

Ozone5,Ozone5Advanced,Insight,Trash2が、AAX 64bit ProTools11に対応し、アップグレードしました。直接iZotope社からダウンロード可能です。(要メール)。

該当ユーザ様は、iZotope my accountからログインし、「製品アップデート」>該当インストーラをダウンロードしてください。

 

尚、iZotope プラグインは、シリアル番号を入力しない状態で、全商品デモ版(10日間利用可能)としてご利用可能です。コチラからダウンロードし、ご利用ください。(iZotope HP:英語のみ・要メールアドレス)

ilok認証、チャレンジレスポンスコードを入力する事で、そのまま製品版として可動する仕組みです。

 

今回のアップグレードに伴いシステム要件は以下の内容に代わります。

システム要件:
Windows: XP (32-bit), Vista (64-bit), 7 (32- & 64-bit), Windows 8
Mac: OS X 10.6 以上(Intel Mac のみ)

プラグイン・フォーマット:
Pro Tools 7.4–11 (RTAS, AudioSuite, 64-bit AAX※), VST, VST3, Audio Unit, DirectX

 

プラグインの互換性 / 対応アプリケーション:
ProTools7.4以上(32bit※)ProTools11以上(64bit※), Cubase, Nuendo, GarageBand, Logic, SONAR, ACID, Vegas, Ableton Live他

今回のアップグレードからAAXは64bitをサポートし、AAX 32bitはサポートしません。32bitホストアプリケーション(ProTools10以前他)ではRTASをご利用ください。

(iZotopeインストーラは、全てのホストタイプのプラグイン・フォーマットをインストールします。ProTools10以下は起動時、RTASが自動的に読み込まれます。)

---------------

06/11/2013
『第3回 タックセミナー in 九州』開催

 

第3回タックセミナーin 九州」をAVID Pro Tools Ver11をメインテーマに開催いたします。

 

開催日2013年7月6日(土)、7日(日)
時  間両日とも14:00〜
場   所九州録音センター 様(http://www.krc-sound.co.jp)
住所/福岡市中央区大名2-1-37 清水大名ビル3F (http://goo.gl/maps/hDZ9K)
入場料無料(事前登録制)

 

内  容
1.SoundCode Exchange MXFによるMAファイルベース・ワークフロー
2.AVID Pro Tools Ver11新機能紹介


詳細

1.SoundCode Exchange MXFによるMAファイルベース・ワークフロー

講師:河村 潤(タックシステム株式会社)
   

これからのMAワークフローに不可欠と予想されるMXFファイルでのデーター受け渡しを可能にする
Neyrinck SoundCode Exchange MXFを用いたワークフローをご紹介いたします。

 

 

2. AVID Pro Tools Ver11新機能紹介
講師:Daniel Lovell氏 (アビッドテクノロジー株式会社)

 

講師にDaniel Lovell氏 を迎え、NAB2013にて発表されたPro Tools バージョン11の全貌と新しく搭載された機能のプレゼンテーションをデモンストレーションを行います。
 

 

 

お申込方法:
セミナー受講申込フォームのの「ご希望のセッション番号」にご希望の日程(下記参照)を入れ、

お客様情報を入力して送信してください。

 

[ご入力頂くセッション番号]

7月6日(土)参加希望の場合「76」

7月7日(日)参加希望の場合「77」

 

★両日とも、15名を定員として締め切らせていただきます。   

 


 

---------------

06/11/2013
【CB Electronics】新製品、2機種発売開始

SR-422-USB

 

 

CB Electroincs UR-422の後継機としてUR-422-USBおよびSR-422-USBの販売を開始いたします。


UR-422-USBは、現在のUR-422とほぼ外観は変わらず同じキーレイアウトで構成され、SR-422-USBは、UR-422-USBと同じベース(機能、入出力は同じ)でSR-4と同じキーレイアウトで構成されています。

 

詳しくはこちら→[UR-422-USB]、[SR-422-USB]

 

---------------