製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > ニュース > 製品ニュース > 

輸入製品〔ハードウェア〕

05/19/2016
【iZotope】新製品 VOCALSYNTH

タックシステム株式会社では、iZotope社より新製品「VOCALSYNTH」ヴォーカルシンセ(オープン価格:市場予想税抜売価¥24,000)の発売を開始し、またそれに伴い「VOCALSYNTHスタートアップ・キャンペーン」

5月19日(木)~6月16日(木)の期間、キャンペーン価格 ¥16,800(税抜)にて販売を行います。

「VOCALSYNTH」は、声に電子的なボーカルの質感を与えたり、ロボットボイスや、コンピュータ処理されたハーモニー、ボコーダーやトークボックスエフェクトや、分厚いオクターブまたはダブルボイスを加えて声を形成し操作することが出来ます。対応プラットフォームは、AAX (64-bit), AAX AudioSuite (64-bit), RTAS (32-bit), DPM AudioSuite (32-bit), VST2, VST3, およびAudio Unitに対応しています。

製品について詳しくはコチラ

 

---------------

11/25/2015
【iZotope】OS X 10.11 El Capitanに対応しました。

izotope el capitan blogs

お待たせしました。iZotope 製品がApple OS X 10.11 El Capitanに対応しました。確認結果は以下「互換・チャート」の通りです。Apple OS X 10.11 El Capitanご利用時、最新の情報を確認してくださいますようお願い致します。

サポートVersionの調べ方: (iZotope製品共通です。画面はOzone6advancedを用い、説明します。)

ホストアプリケーション>プラグインからiZotope製品を選び、「Options(歯車のアイコン)」をクリックします。画面右下に表記されるビルド番号の初めから小数点以下二桁までがプラグインのバージョンとなります。画像は「v6.1.933.OSX64.Intel.AAX-AS」と記載されていますので、インストールされたバージョンは「6.1」という事が判ります。

ozone6adv-ver

国内流通製品で初めてインストールされるユーザ様

国内パッケージ(Tacsystem)に同梱された「CD-R/DVD-R」>各種製品インストーラバージョンは、各種インストーラに明記されています。

例:RX4を例に説明します。マスターCD-Rを観ると以下アイコンが表示されます。

アイコン名称は、

iZotope_RX(製品名)_v4_01(バージョン)+b(管理番号ー英語1文字).dmg/exe(拡張子)で記載されています。

この場合「v4.01」がインストールされるバージョンとなります。初めから最新インストーラを入手し、インストールを開始する場合、以下、互換チャートを参照し、インストーラを入手してください。

 

※iZotope社のインストーラは、インストーラ終了時最新インストーラをチェックします。「Would you like to check updates to iZotope softtware」が表示されたら「Yes」をクリックしてください。(要インターネット接続)

 

 

 

互換・チャート

 

iZotope 社がサポートする El Capitan対応リストです。

製品名 サポートバージョン 備考

Alloy 2

v2.03

現行バージョンでEl Capitan互換性を確認しました。

もし、v2.03以下の場合、コチラから最新バージョンを入手できます。

Mac版

Windows版

BreakTweaker

v1.02

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Insight

v1.04

2015年11月3日にリリースされた現行バージョンでEl Capitan互換性を確認しました。

  • Ozone 7 Advancedv1.04をご利用の場合、再インストールの必要はございません。
  • もし、RX 4 Advanced, RX 5 Advanced, Ozone 6 Advanced, RX Post Production Suiteをご利用の場合、Insightはそれぞれのインストーラに含まれていますので、新たにInsightインストーラを利用しないでください。
  • もし、Insightのみをご購入いただいたユーザで、v1.04以下の場合、コチラから最新バージョンを入手できます。

Iri

v2.02

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Nectar 2

v2.03

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Nectar 2 Production Suite

v2.03

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Ozone 6

v6.1.1

My Accountに入り、「Legacy Downloads」項目をクリックする事で、インストーラを入手可能です。

Log in to your account

Ozone 6 Advanced

v6.1.1

My Accountに入り、「Legacy Downloads」項目をクリックする事で、インストーラを入手可能です。

Log in to your account

Ozone 7

v7.00

出荷バージョンは既にEl Capitan対応済みです。

Ozone 7 Advanced

v7.00

出荷バージョンは既にEl Capitan対応済みです。

RX Post Production Suite

v1.01

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

※RX5adv,RX5AudioEditor,RXFinalMixおよびInsightはインストーラに含まれていますので、新たに個別インストーラを利用する必要はありません。

RX 4

v4.02

My Accountに入り、「Legacy Downloads」項目をクリックする事で、インストーラを入手可能です。
Log in to your account

RX 4 Advanced

v4.02

My Accountに入り、「Legacy Downloads」項目をクリックする事で、インストーラを入手可能です。

Insightはインストーラに含まれていますので、新たにInsightインストーラを利用しないでください。

Log in to your account

RX 5 Audio Editor

v5.01

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

RX 5 Advanced Audio Editor

v5.01

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Insightはインストーラに含まれていますので、新たにInsightインストーラを利用しないでください。

RX Final Mix

v1.02

2015年10月6日にリリースされた現行バージョンでEl Capitan互換性を確認しました。

  • RX Final Mix v1.02をご利用の場合、再インストールの必要はございません。
  • もし、v1.02以前のRX Final Mixご利用の場合、El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

    Mac版

    Windows版

RX Loudness Control

v1.02

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

Stutter Edit

v1.05

現行バージョンでEl Capitan互換性を確認しました。

もし、v1.05以下の場合、コチラから最新バージョンを入手できます。

Mac版

Windows版

Trash 2

v2.04

El Capitan対応インストーラをダウンロードしてください。

Mac版

Windows版

原文(iZotope 英語)はコチラ

---------------

10/05/2015
【iZotope】Mac OS El Capitan情報

izotope el capitan blogs

iZotope社ニュース記事抜粋です。

Mac OS 10.11 EI Captian へアップデートをすると幾つかのiZotope製品が正常に動作しない様子です。

最新情報は、iZotope社各種製品の動作環境をご参照ください。

原文記事はこちら

 

---------------

09/10/2015
【iZotope】2製品の値下げのご案内

下記2製品の値下げを行います。
 
IRIS2
価格:18,000円(税抜)
 
Creative Bundle
(BreakTweaker Expanded, Iris 2, Stutter Edit. Trash 2 & Expansion Packs)
価格:55,000円(税抜)
---------------

09/10/2015
【iZotope】RX5 AudioEditor 発表!無償アップグレードキャンペーン

 

RX5キャンペーン

IBCにて発表されるiZotope社のポストプロダクション向けツールのフラグシップ・モデルの最新バージョン「iZotope RX5 Audio Editor」にあわせ、
2015年9月9日(水)から10月8日(木)迄の期間、 現バージョンの「iZotope RX4」を「RX5発表:無償アップグレードキャンペーン」として特別価格にて販売致します。
この期間内にご購入いただきました「iZotope RX4」は、新バージョン「iZotope RX5」への無償アップグレードのパスが用意されます。

RX4/RX4adv キャンペーン案内はコチラ

---------------

09/03/2015
【iZotope】September BTキャンペーン

BT Campaign

iZotope社 September BTキャンペーンのご案内

2015年9月3日(木)から9月30日(水)までの期間、BTのプロデュースした最強のDJツール「Break Tweaker」と「Stutter Edit」を
「September BTキャンペーン」 として特別価格にてご販売致します。



★キャンペーン期間:2015年9月3日(木)から2015年9月30日(水)迄

Break Tweaker Promo

オープンプライス 市場予想価格 ¥28,000  (税抜)   -->¥16,000(税抜) 


Break Tweaker Expanded Promo
オープンプライス 市場予想価格 ¥33,000  (税抜)  -->¥21,000(税抜) 


Stutter Edit Promo
オープンプライス 市場予想価格 ¥28,000  (税抜)    -->¥11,000(税抜) 

 

ご購入はオンラインストアまで

---------------

08/05/2015
【iZotope】RX Final Mix 1.01 アップグレード

RX Final Mix 1.01 アップグレード

 

iZotope社は、2015年8月4日(現地時間_アメリカ)RX Final Mix 1.01をリリースしました。

RX Final Mix1.0より1.01は無償アップグレードです。以下よりダウンロード可能です。

既存ユーザ様は上書きしてご利用ください。

また、本インストーラは10日間のデモ期間を設けてあります。購入をご検討されている方々も是非インストールしてみてください。実機でのテストをお勧めします。

Windows版 RX Final Mix Ver ,1.01インストーラ(EXE 約41.5MB)

Macintosh版 RX Final Mix Ver,1.01インストーラ(dmg 約39.9MB)

 

1.01変更点

・イコライザーモジュールのCPUスピードの向上

・リミッターモジュールの向上、修正

・AUに於いて5.1chCONFIGURATIONをサポート

・VSTでEdius(stereoのみ)をサポート

・その他性能修正と改良。

 

原文---英語---

Version 1.01 released August 4, 2015
 
Enhancements and fixes
 
Updates to the Equalizer module:
 
Significant performance enhancements to the Band Shelf filter, offering up to a 60% reduction in CPU usage (based on preset settings).
Significant performance enhancements for all band shapes. Overall performance with static bands is 33% faster (25% reduction in CPU performance when no Band Shelf Filters are used). Using only Band Shelf filters results in up to 650% faster performance and 85% reduction in CPU.
Significant performance enhancements to the Dynamic EQ.
Updates to the Limiter module:
 
Added significantly lower latency limiting algorithm for 97% reduction in latency compensation, as low as 120 samples at 48 kHz.
“Optimize for” switches between the original algorithm optimized for transparency, and the new algorithm, optimized for latency.
Updates to the Options window:
 
“Enable True Bypass” added to General tab. When enabled, bypassing a module also disengages that module’s latency compensation.
Miscellaneous updates:
 
AU now supports 5.1 channel configurations.
Added VST support for Edius (stereo only).
Miscellaneous performance fixes and improvements.

 

詳しい動作環境、概要はこちら

---------------

04/01/2015
【iZotope】NABShow2015 スペシャルRX4キャンペーン

NABスペシャル RX4キャンペーンのご案内!
 
タックシステム株式会社では、2015年4月1日(水)から4月23日(木)までの期間、放送、ポストプロダクションとしては必須アイテムとなりましたiZotope社のRX4およびRX4Advancedのキャンペーン販売を行います。今回のキャンペーンは、4月11日(土)より米国ラスベガスで開催されるNABShow2015にあわせ、放送、ポストプロダクションの現場で広く活用されているRX4を、期間限定でお求めやすくご提供するプロモーションとなります。
 
キャンペーン期間:2015年4月1日(水)から4月23日(木)
 
商品の概要はコチラまで
 
TACオンラインストアキャンペーンはコチラまで
---------------

03/20/2015
【iZotope】OZONE ver 6.1リリース

Ozone6.1
iZotope社はマスタリングツールとして定評のある「Ozone 6」の新バージョン「Ozone 6.1」をリリース致します。
これを受けて弊社では、2015年3月19日(木)〜4月9日(木)までの期間、「Ozone 6.1 リリース・キャンペーン」を行います。
 
Ozone6.1新機能紹介
 
 
---Ozone6からOzone6.1へ無償アップグレードです。----
iZotope ホームページ>マイアカウント>メニュー「製品アップグレード」をクリックし、ダウンロードしてください。
 
 
---------------

12/18/2014
【iZotope】Iris 1からIris 2への互換性について

(iZotope社)よりiris 2 -> iris 2.1へのバージョンアップ情報が公開され、iris1からの互換性について新機能と改良が施されましたのでご紹介します。 

原文記事はコチラ

 

Iris 1及びIris 2の互換性

Iris 2は根本から再設計された製品であり、Iris 1には無かった多くの新機能と改良を内包します。その為、Iris 2は個別のロケーションに、個別のサンプル・ライブラリとパッチと共にインストールされます。 

我々(iZotope社)はIris 1からIris 2への移行ができる限りシームレスに実現するよう務めて参りました。このIris 2.01アップデートは当初発生していたパッチの移行に際する問題を解決しており、 このアップデートでは、Iris 1のパッチをIris 2で読み込んだ際に、できる限りオリジナルの音に近い響きを持たせるワークフローが提供されます。

Iris 2.01アップデートのダウンロードはこちらより(iZotope へ移動します)

Iris 1で使用されたセッションが存在する場合は、前バージョンをリコールする必要が生じるかもしれませんので、Iris 1をシステムに残しておくことを推奨します。Irisは両バージョンがそれぞれ異なる特有のキャラクターを持つインストゥルメントであり、それぞれが固有の音質と能力を有します。

 

Iris 1 サンプルとライブラリ

Iris 2に含まれないサンプルについては、Iris 2がIris 1のライブラリを指定するか、あるいはサンプル不在のダイアログが表示されますので、手動でお使いのサンプルとオリジナルの.irssファイルを再リンクしてください。この際、ファイルはWAVファイルとして変換されず、新しいIris 2のライブラリへも保存されませんのでご注意ください。

意図しない上書き保存を回避するため、Iris 1のパッチはIris 2のライブラリへコピーするのではなく、Iris 1とIris 2のライブラリの場所を分離して頂くことを推奨します。システムには不慮の上書きを防止するビルトインのプロテクションが存在しますが、もし意図的にIris 1とIris 2のライブラリを同じ場所へ指定するのであれば、必ず事前に外部ロケーションにIris 1のパッチをバックアップしてください。

Iris 1のパッチを保存

Iris 1パッチは、Iris 1ライブラリの中でアップデートするのではなく、Iris 2のライブラリ内に新規Iris 2パッチとして再度保存し直して頂くことを強くお勧めします。こうすることにより、Iris 1はいつでもオリジナルのプリセットを開くことが可能となります。

 

Iris 1のパッチをIris 2で開く

Iris 2でIris 1のパッチを開く際、全てのモジュレーションでは、単に等価の置き換えが行われるのではなく、音質を基盤にした置き換えが行われます。ただし、フィルタリングのエンジン、信号のルーティング、そしてエフェクトセクションに変更が施されておりますので、更に聴官上の微調整が必要となる場合もあります。

Iris 1ではMacro ControlsとMod Wheelは、アサインされたパラメーターのノブを実際的に回していました。Iris 2では、Macro ControlsとMod Wheelはモジューレーターと同様に機能します。これらコントローラーのアサインは置き換えられ、そのレンジはデフォルト値に設定し直されていますが、より正確な音像を再現する上で、Macro ControlsとMod Wheelのレンジや方向はカスタマイズして頂く必要のある場合があります。

 

更なる情報及び互換性の詳細につきましては、ナレッジベースの追加記事、Iris 1とIris 2間のパッチの移行に関する詳細をご参照ください。

 

---------------