製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 導入事例 >  > ールシステム > 

株式会社 ヴェントゥオノ 様

株式会社 ヴェントゥオノ 様

AVID S6 2式導入

 

▼6F MIX1スタジオ

Vent_1.gif

 

この度D-ControlからリニューアルされAVID S6-M40-32Faderシステムを導入されました。
こちらのスタジオでは邦画史上初となるドルビーサラウンド7.1chで制作された「図書館戦争 THE LAST MISSION」や「METAL GEAR SOLID V : The Phantom Pain」などを数多くのサラウンド作品のミックスが行われています。


今後発売されるS6専用サラウンドパンナーも導入予定で、より快適な制作環境が整えられています。
また、3台のProToolsシステムとVTRをモニターコントローラーのVMC-101を経由することで、映画、テレビドラマ、ゲーム、CM、VPなど多種多様なフォーマットに素早く対応し、外部エンジニアなど様々なお客様にも分かりやすいシステムで構築されています。

 


▼5F MIX2スタジオ

VENT_2.gif

 

5Fに新設されたスタジオには、AVID S6-M40-16Faderを導入されました。
5.1chサラウンド(Genelec製)に対応しコンパクトにまとめられています。

特注コンソールテーブルにS6を設置しホームスタジオのようなプライベートな空間で、仕込み作業からナレ録り、ミックスまで一貫した作業が行えます。
どちらのスタジオもリスニングポイントでProToolsのオペレートとミックスが出来るようにレイアウトされており、ストレスなく作業出来る環境になっています。

 

 

一覧へ戻る