製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 導入事例 >  > ールシステム > 

株式会社 オムニバス・ジャパン 様

株式会社 オムニバス・ジャパン 様

AVID S6 4式目導入

 

▼新橋ビデオセンター MA-104

 

omnibus-MA104.gif

 

新橋ビデオセンター内にある既存のMA室3部屋は、AVID社製のSystem5で構成されておりましたが、今回新設されたMA-104は、AVID S6-M40/32Faders,5Knobsを導入され、Pro Tools|HDX + MADI I/O + Directout TechnologiesのANDIAMO2(32ch-In/Outを採用し、VMC-102にてモニターコントロールするという構成にされております。

主に番組のMA作業を主体とされており、映像関係は、AVID社製DNxIO + MediaComposerを導入され、赤坂にあるTFCスタジオセンターのMA-2との互換性を考慮しての機材構成とされております。

 

 

 

 

▼三分坂スタジオ Recording Studio-A

 

omni_RecStA.gif

 

オムニバス・ジャパン様4式目の導入となります。

吹替え・アニメーション作品のアフレコ作業の為に、アナウンスブースへの視界を大きくとられております。

Euphonix CS2000からAVID S6-M10/24 Faders, 5 Knobsに更新され、Pro Tools|HDX2 + MADI I/O + Directout TechnologiesのANDIAMO2 (32ch-In/Out)2式を採用し、5.1chサラウンドでの吹替え・アニメーション作品のダビング作業までを主体とされる為、モニターコントローラーVMC-102にて多彩な制御を行っておられます。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る