製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 導入事例 >  > ールシステム > 

尚美学園大学様

尚美学園大学様

AVID S6 / TAC VMC-102導入

 

SB_1.gif


尚美学園大学様は埼玉県川越市に立地する大学です。

この度、尚美学園大学様のキャンパス内の芸術情報学部の MA スタジオ及び録音 スタジオの設備更新に伴い、弊社から Avid S6、ProTools HDX、Directout Technologise ANDIAMO2 .XT(SRC)、VMC-102 等を納品させて頂きました。

最近のポストプロダクションスタジオでのトレンドとなりつつある Avid S6 と ANDIAMO2 .XT と VMC-102 の組み合わせですが、国内の大学様としてはこのセットでの導入は初となります。

MAルームは、ステレオから 5.1ch まで対応し、専用のアナウンスブースを始め、 フォーリー(効果音収録)ブースを備えた本格的な MAスタジオです。今春より旧来のシステムを一新し、昨今のポスプロでの導入実績が増えている Avid S6 コンソールを採用されました。

こちらのMAルームには 24フェーダー、5ノブ、ディスプレイモジュール、プロデューサーデスク仕様のS6-M40(Version v2.1.1)が導入されています。このS6を使用する事で、現代のポストプロダクションスタジオで主流になりつつ ある DAW とコントロールサーフェイスを使用したワークフローを学習する事ができます。

またシステム全体の音声信号を扱うフォーマットとしてMADIを採用することで、多数の音声チャンネルをシンプルなワイヤリングで効率的に扱う事が可能になっております。DAW システムはHDX カードとAvid/ MADI I/O を組み合わせた最新バージョンの ProTools HD バージョン 12.5 です。このMADI I/OがDirectOut TechnologiesのANDIAMO2.XTにMADI 接続されています。モニターコントローラーはVMC-102モニターコントローラーが接続されており、複数のスピーカーシステムのコントロールや、アナウンスブースのモニターシステム、カフシステムのコントロールや、モニターソースの切替が VMC-102本体のタッチパネルから簡単に操作することができるようになっています。カラフルさと表示の分かり易さで学生様からも好評価を頂いております。
 

SB2.gif   SB3.gif


また、録音スタジオもHD Accelと192 I/Oのシステムから新しいMac ProとProTools HDX、HD I/O16x16、HD I/O8x8xへとハイスペックな機材 に刷新されたことで、今後の授業ではハイレゾでの収録が以前よりスムースに行えるとのことでした。 今回の最新鋭機器の導入により、先進的な現代のポストプロダクションのワークフローや、また経験豊富な指導陣によるトラディショナルなスタイルのワー クフローの両方を学べる環境が整ったことで、何にでも対応できる幅広い適応性を持つ人材育成に更に今後も邁進されて行かれることでしょう。

 

 

一覧へ戻る