製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > 

AVIOM

AVIOM *

AVIOM社はパーソナルモニターシステム(キューシステム)とオーディオネットワークシステムを提供します。
AVIOM独自のテクノロジーにより、高品位なオーディオをフレキシブルに伝送します。

*
* *
製品ニュースニュースの一覧

AVIOM 製品情報

Pro16 / Pro16e シリーズ

キューシステム&音声伝送

AVIOM Pro16シリーズ

Personal Monitor & Digital audio distribution

 

1本のCat-5eケーブルで16chから64chの音声伝送が可能。
24bit/48kHz。Cat-5eケーブルの最長距離は150m(Pro16eでは、122m)。

Latencyは0.88msec(アナログイン→アナログアウト)。
キューシステム、音声伝送などあらゆるモニター環境をサポートします。

 

---------------

Pro64シリーズ

音声伝送ネットワーク

AVIOM Pro64シリーズ

Pro64は、Auto Modeと Manual ModeのオペレーションモードとPC によるマネージモードを持っています。Auto Modeでは、システム内のどこからでも最大64ch分の音声を取り出すことが可能。
Pro64のI/OモジュールにChannel Active ボタンが装備され、64ch以上のユニットを設置することができ、チャンネルの選択が可能です。 Manual Modeでは、最大64×64chの双方システムの設置が可能になります。

 

- System 設定 -
Pro64のモジュールには「2つのA-Netポート」と「Slot」「Channel Active ボタン」が設備されています。

slot

 

  Slotは「1」 「17」 「33」 「49」と選択できます。

  ネットワーク上にあるすべてのユニットは

  このSlot番号で管理され、入出力先が決定します。

 

例えば、「1」と設定したインプットモジュールの入力信号は、「1」と設定したアウトプットモジュールから出力されます。

さらに、Channel Active ボタンでチャンネルをセレクトできるので、Slotとの組合せでSlot番号が同じ別々のユニットの入力音声を、1つにまとめて出力することが可能になります。
Manual Modeでは、A-Net ポート(AかB)のどちらかを指定し、64×64chの双方向システムを構築します。

 

 

-CLOCK AND SAMPLE RATE-

A-NetPro64は3つのレンジの可変サンプルレート機能搭載。
レンジ内であれば±10%まで、サンプルレートコンバータは必要ありません。

 

clock

*44.1kHz/48kHz  39kHz - 52kHz 
 64ch or 64ch×64ch
*88.2kHz/96kHz  78kHz - 104kHz  32ch or 32ch×32ch
*176.4kHz/192kHz  156kHz - 208kHz  16ch or 16ch×16ch

 


-VIRTUAL DATA CABLE-
音声データとは別に、14スロット分のコントロールデータを伝送できる革新的システムです。
もちろん音声に影響は与えません。

vdc

 

  MIDI   IN / OUT
  GPIO  IN / OUT
  RS-232