製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > DirectOut Technologies > 

ANDAIMO Remote

DirectOut Technologies 製品情報

ANDAIMO Remote

リモートコントロールソフトウェア

ANDIAMO Remote Control は「ANDIAMOシリーズ」をリモートコントロールするソフトウェアです。(現在、Windows版のみ ファームウェアバージョン2,5以上。ファームウェアのアップデートはWindowsマシンのみで行ってください。バーチャルのWindows環境では正確にアップデートできない可能性があります。

 

オーディオ音声・ルーティング・マトリックス
Matrix Modeはチャンネルごとのルーティングが可能です。
一旦形成されたMatrix Modeはフロントパネルの操作で、アクティブか非アクティブを設定できます。
2つのMADI I/Oをもつディバイス(ANDIAMO 2など)は信号が途切れる危険を回避する、リダンダンスモードで動作可能です。
さらに、2つのMADI I/Oをそれぞれ分けて、64ch x 2回線でのルーティングが可能になります。

 

Fan Control

ファンを回転させる速度、温度など、搭載されているファンの設定を変えることができます。

 

System State

システムの設定内容(クロック、サンプルレート、FWバージョンなど)を確認できます。

 

Remote control

ひとつ、もしくは複数のディバイスをUSB、Serial over MADI、MIDI over MADI、Network (DO.Net)で接続、コントロール可能です。
MADIラインかNetwork (Raspberry Piが必要)を使用すると長距離でのリモートコントロールが可能になります。

 

Offline Mode

システム設定、ルーティングマトリックスは保存できます。
オフラインモードではディバイスを接続していない状態でもコンフィグレーションが可能です。

 

Device Manager

ディバイスマネージャーによって接続されているディバイスが管理されます。
ドロップダウンメニューにより、接続されているディバイスを即時選択可能です。

 


andiamo_online

ANDIAMO 2のGUI

 

Redundancy Mode

2つのMADIポートを持つディバイスは、MADI入力を固定するか、自動で信号が切り替わるリダンダンスモードに設定が可能です。


andiamo_2xt_settings
ANDIAMO 2.XTのシステム設定画面

 

AES User Bit Transparency

AESインプットのユーザービットに組み込まれた制御信号を透過できます。

 

USB Embedder

USBポートからのリモードコントロールデータはMADI信号に埋め込まれ、MADI回線によりリモートできます。(Serial over MADI)

 

Display Dark(MCのみ)

フロントパネルのLEDを消灯させる事ができます。(ステージ上で有効)

 

Identify Device

選択されたディバイスは、識別のため全てのLEDが点滅します。

 

Extended Routing

2つのMADI I/Oを備えているディバイス(ANDIAMO 2など)は、Extended Routiongを選択すると、各MADI I/Oに個々にアクセスできます。
「Extended Routiong」は、2系統のMADI I/Oのルーティングを可能にします。

 

andiamo_xt_matrix_extended

ANDIAMO 2.XTのルーティングマトリックス

 

それぞれのアウトプットは、すべての入力信号をアサインできます。

 

andiamo_mc_levels

ANDIAMO. MCのレベルメーター(MCのみ)

◎ANDIAMO. MC機能
ピークホールド機能が付いたレベルメータでアナログ入力信号をモニターできます。
入力ゲイン(フェ−ダーコントロール)、30dB PAD 、48vファンタム電源がそれぞれのチャンネルに装備されています。また、2つのGPOも用意されています。

 

 

◎ANDAIMO リモートのダウンロードはこちら(ご使用の機材をクリック、左のDOWNLOADSタブから)
同時にUSB Serial driverもインストールしてください。インストールガイドはこちら

一覧へ戻る