製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > DirectOut Technologies > 

MADI.9648

DirectOut Technologies 製品情報

MADI.9648

双方向 MADIサンプリングレート・コンバータ

 
1he-madi-9648-02.jpg
 
■価格 ¥360,000(税抜)
 
MADI.9648は、128CHのオーディオチャンネルの双方向変換用の4つの独立したSRCブロックを備えた同期MADIサンプルレートコンバータです。
 
8個のMADIポートを装備し、2 FS(88.2 / 96 kHz)と1 FS(44.1 / 48 kHz)の間で変換する正確な1:2または2:1の比率の同期低遅延変換機能を備えています。
 
64のオーディオチャネルを有する1 FS MADIストリームは、それぞれ32のチャネルを有する2系統の2 FS MADIストリームに変換されます。
逆の場合には、2系統の2FSストリームが変換されて1系統の1FSストリームに結合されます。
これにより、外部機器と96kHzの最新のライブコンソールとの統合が容易になります。
 
 
 
注) 外部シンクには同期できません。MADIフォーマット変換です。
 
 
 
 
プラグ&プレイ
設備時には何も調整する必要はありません。フレームフォーマット(48k / 96kフレーム)とチャンネルモード(56/64チャンネル)の固定信号ルーティングと自動信号検出により、インストールが容易になります。 2 FS入力は、96kフレームと48kフレーム(S / MUX)の両方に対応しています。 2FS出力は、同じポートの入力信号に従って、96kフレームまたは48kフレーム(S / MUX)に自動的に設定されます。
 
柔軟性
必要な共通クロックソースはありません。各SRCブロックの出力は、対応するMADI入力に同期します。

ライブ
往復8サンプルの低遅延処理(1FS-2FS-1FS)は、ライブサウンドアプリケーションの厳しい要件を満たしています。

オールラウンド
MADI.9648には6つのBNCポートがあり、多くのライブコンソールとの接続に適合します。 2つの光SCポートは、外部の1 FS信号との接続を可能にします。
内蔵のUSBポートにより、将来の機能拡張のためにファームウェアのアップデートが可能です。
 
安全な操作
このデバイスには、最大限の信頼性を確保するために2つの位相冗長電源が装備されています。
 
1he-madi-9648-03.jpg
 
 
仕様
入出力 :
MADI ports (I/O): optical SC-Socket multi-mode x2系統 、coaxial BNC, 75 Ω x6系統
 
Sample rates: 44.1, 48, 88.2, 96 kHz (+/- 12,5%)
MADI formats: 48k / 96k Frame, 56 / 64 channel
サービスポート: USB 2.0 for firmware updates (Windows®)
電源: 2 x 84 V to 264 V AC / 47 Hz to 63 Hz / safety class 1, phaseredundant
消費電力: 15 W
外形寸法: 幅 483 mm x  高さ 44.5 mm x  奥行 200 mm
重量: 約3.3 kg
 
 
*MADIインターフェイスは、Opticalマルチモードが標準です。
*Optical Port(SC)をシングルモード・オプティカルMADIに変更したい場合は、1ポートあたり、¥30,000(税抜)のアップとなります。
 
一覧へ戻る