製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > iZotope > 

Nectar2

iZotope 製品情報

Nectar2

mixing&mastering (ライセンス販売のみ)

 

  Nectar2std

Nectar 2 は、Nectar 2 Production Suiteの機能よりピッチエディタ(Pitch Editor Plug-in)、(Refined DSP & Note Detection)、(ReWire Control)、(Vibrato Control)、(Note Auditioning)そしてブレス・コントロール(Breath Control Plug-in)機能を省いた、複合エフェクターです。

 

※Nectar 2 とNectar 2 Production Suiteの機能比較につきましては、比較表(別ページでNectar2 詳細情報内へ移動)をご参照ください。

※日本では「ライセンス販売」のみの取り扱いとなります。(受注発注製品)

 

[注意事項]
・Nectarの直接的な後継ソフトウェアは「Nectar 2 Production Suite」となります。
・Nectar 2、及びアップグレード各製品は、ダウンロード販売です。パッケージは付属しません。
・NectarからNectar2(std)へアップグレードした場合、ピッチ・エディターとブレス・コントロール機能を失うこととなります。

 

 JAN:4560263761750

ライセンス販売

 
オープンプライス 市場予想価格 ¥23,000  (税抜)   

 

TAC On-lineStoreで販売中! 

  購入はこちら

 

 

 

 


新機能一覧/差分表

Nectar 2 Production Suite=Nectar2 PS
Nectar 2 StandardEdition=Nectar2 STD

機能概要Necter2 PSNecter2 STD
ハーモニー・モジュールボーカルトラックにハーモニクスを加えることにより、コーラスを瑞々しく、バックボーカルをメロディアスにします。インテリジェントな自動設定、またはMIDIコントローラーによる手動での調節が可能です。
リバーブ・モジュールEMT 140をモデルとしたステレオのプレート・リバーブにより、ボーカルに真正かつクラシックな空間とキャラクターを加えます。
ピッチエディター・プラグインDAW内の作業でピッチ調整が可能となります。新しいピッチエディター・プラグインの柔軟なワークスペースに於ける幅広いコントロールにより、ピッチ補正がこれまでになく単純になります。 
改良されたDSP及び音符検出Nectar 2の改良されたDSP及び音符検出がピッチ補正を分かりやすくし、自然な音像を提供します。 
ReWireコントロールReWire技術の導入により、ピッチエディター使用時のDAW間のトランスポート操作の行き来を回避します。 
ビブラート・コントロールボーカルのビブラートを簡便に増減することにより、パフォーマンスの微調整が行えます。 
音符の試聴単一の音符をシングルクリックすることにより素早い試聴が行えます。 
ブレス・コントロール・プラグインインテリジェントなブレス検知がレコーディング素材から不必要なブレス音を自動的に除去し、ボーカル編集の作業時間を大幅に短縮します。 
FXモジュール新たなボーカルサウンドの構築を可能にする7つの新たなエフェクトが創造性を解放します。これには、ディストーション、モジュレーション及び時間ベースのエフェクトが含まれます。
プリセット様々なジャンルからなる150の新プリセットが、クリック一回でボーカルをクラシックにもモダンにも変化させることを可能にします。
オーバービュー・パネル流線型になったオーバービュー・パネルで迅速に調整を、そして詳細ビューで各モジュールのパワフルな設定項目を微調整します。
新しいEQフィルターBaxandallとPultecに見習ったビンテージのシェルフ・フィルターにより緻密な低音カットや高音ブースト機能が分かりやすくなりました。
調子検出Nectar 2の調子検出がトラックのキーの検出を簡便にし、ピッチ補正やハーモニー作成をやり易くします。
進化したメーター機能進化したメーターが全てのモジュールに備わっており、ボーカル制作での設定変更による変化が簡単に視認できできます。
メーター・タップiZotopeのメーター・スイートであるInsight とのシームレスな統合が実現しました。Nectarの一挙手一投足がメーター・タップを通じて内部的に視認できます。
デザインが一新されたインターフェースOzone 5及びAlloy 2に影響を受けた、新しい大きなインターフェースは、画面前部からの各調節項目へのアクセスを可能にしたため、お望みの音を得るまでのクリック数を減らすことに成功しました。
一覧へ戻る