目次

概要

オーソライズ

一般的な使い方

レベルメーター

レベルメーターモード

ピークターゲット

ラウドネスメーター

ラウドネスターゲットを設定する

レンジオプション

ラウドネスヒストリーグラフ

ラウドネスヒストリーの数値をコピーする

ズームとスクロール

ベクトルスコープ

バランスメーター

相関メーター

サラウンドスコープ

サラウンド・アンプリチュード・メーター

サラウンド・バランス・インジケーター

サラウンド・コリレーション・アラート

サラウンド・メーター・スケール

スペクトログラム

Meter Taps

セッションでMeter Tapを使用する

スペクトラルアナライザー

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーション

プリセットマネージャー

プリセットの読み込み

プリセットの追加と削除

General オプション

In/Out オプション

Level オプション

Sound Field オプション

Spectrogram オプション

Spectrum Analyzer オプション

ラウドネス用語集

カスタマーサポート

概要 

Insightは視覚的なミックスやマスタリングの確認や、問題のあるミックスのトラブルシュート、またブロードキャストラウドネス基準に適応しているか等を確認する為に最適なオーディオ解析、メータリングツールを提供します。サイズ変更やカスタマイズの自由なInsightのフローティングウィンドウは、ステレオやサラウンドミックスをビジュアルでモニターする上で非常に便利です。Insightには、レベルメーター、ラウドネスメーター、スペクトログラム、スペクトラムアナライザー、ベクトルスコープ、サラウンドスコープ、ラウドネスヒストリーグラフが搭載されていて、目と耳でミックスを監視することが可能です。


主な特徴

  1. ITU-R BS. 1770-1、ITU-R BS. 1770-2、ITU-R BS. 1770-3や、EBU R128基準に適合したラウドネスメーター
  2. 時間とアンプリチュードをもとに周波数情報を表示する2D/3Dスペクトログラム
  3. スケールと選択範囲でズーム可能なスペクトラムアナライザー
  4. サラウンドミックスのトラブルシュートやサラウンド空間を視覚的に確認する為に便利なサラウンドメーター
  5. アジャスタブルクリッピングスレッショルド機能搭載のトゥルーピーク/RMS/K-systemレベルメーター
  6. DAWタイムラインにレベルオーバーした部分をオートメーションとして書き込むラウドネスオーバーフローアラート
  7. カスタマイズやサイズ変更の自由なウィンドウとメーターパーティション
  8. セッションのどこからでもオーディオストリームをInsightのスペクトログラムへルーティングが可能なメータータッププラグイン
  9. 便利なファクトリープリセットに加え、頻繁に使用するメーター設定を保存/リコールすることが可能なプリセットシステム

オーソライズ

ご購入されたInsightにはそれぞれ固有のシリアル番号があり、インストーラーDVDのスリーブに印刷されています。もしInsightをiZotopeや代理店から直接ダウンロードされた場合、シリアル番号は製品のリンクと共にEメールで送られます。シリアル番号は次の形式になります。
SN-INSIGHT-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX

オーソライゼーション・ウィザードの起動

初めてInsightを起動するとオーソライゼーション・ウィザードが開きます。この時点でInsightをオーソライズするか、製品評価のためにトライアルモードで使用するかを選択できます。製品をオーソライズする場合は、前述の製品シリアル番号をご使用ください。

トライアルモードとデモモードの違い

nsightは、インストールされてから10日間、保存とバッチプロセス以外のすべての機能が使用できるトライアルモードで動作します。10日間を過ぎると、Insightのメーターは機能しなくなります。

Insightをオンラインでオーソライズ

nsightを起動してオーソライゼーション・ウィザードを開いたら、以下の手順でオンラインでのオーソライゼーションを行います。


1. 「Authorize」をクリックします。


image


2. 製品パッケージ同梱のAuthorization Card (オーソライズコード=シリアル番号)、またはEメールで送られたシリアル番号をすべて大文字で入力します。※文字入力を「英数字」に切り替えてください。

SN-INSIGHT-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX


3. お名前と、有効なEメールアドレスを入力します。

オーソライズのために入力したEメールアドレスを再度ご確認ください。製品のライセンスと、iZotope HPアカウント(My Account)はこのEメールアドレスに関連付けされます。


「Advanced」ボタンをクリックすると、外付けハードディスクやUSBメモリーなどにInsightオーソライゼーションを保存できるオプションが表示されます。これらのオプションについての詳細は.  コチラ をクリックしてください。


image


4. シリアル番号とEメールアドレスが正しいか確認できたら、再度「Authorize」をクリックします。


5. 最後に「Submit」をクリックして、オーソライズ・メッセージをiZotopeのサーバーに送信します。


image


オーソライズが承諾されたら「Finish」ボタンをクリックしてオーソライズ作業を終了し ます。


image

Insightをオンラインでオーソライズ

Insightを起動してオーソライゼーション・ウィザードを開いたら、以下の手順でオンラインでのオーソライゼーションを行います。


1. Insightのオーソライズを促されたら「Authorize」をクリックします。


image


2. 次に下にある「Offline Authorization」オプションをクリックします。


3. ご使用のコンピューター専用のチャレンジコードが発行されます。このチャレンジコードを正確に書き取るか、コピーしてください。チャレンジコードの形式は以下の通りです。

IZ-INSIGHT-XXXXXXXX-XXXX-XXXX


image


4. インターネット接続されたコンピューターに移り、 iZotopeのウェブサイト「My Account」 にてご自身のアカウントにログインしてください。 http://www.izotope.com/store/account.asp


5. 「Activate Software with a Serial Number」ボタンをクリックし、シリアル番号を入力してから「Submit」をクリックします。


image


6. 次に「Challenge/Response」オプションを選択し、「Submit」をクリックします。


7. License Agreement(使用許諾)をご確認の上、「Agree」をクリックします。


image


8. 手順3で取得したチャレンジコードを入力し、「Submit」をクリックします。


image


9. チャレンジコードを送信すると、"iZotope_Insight_XXXXX.izotopelicense.xml"という専用のオーソライゼーション・ファイルが発行されます。このファイルをオフラインのコンピューターに移します。


10. ネットワーク、外付けハードディスク、USBメモリーなどでオフラインのコンピューターにオーソライゼーション・ファイルをコピーしたら、オーソライゼーション・ウィザードの「Choose File…」ボタンをクリックします。


image


11. オーソライゼーション・ファイルを選択し、「Next」をクリックてオーソライズを実行します。


12. オーソライズが成功したというメッセージが表示されるはずです。「Finish」をクリックすればInsightを使用できるようになります。


image


iLok対応

InsightはiLokに対応しています。使用システムでiLokとPACEソフトウェアを既にご使用の場合、弊社のプラグインはiLokキーに入っているライセンスを認識できます。既にPACEやiLokを使用していない場合、弊社製品のインストーラーはこれらのソフトウェアをインストールしません。そのため、そのままではiLokオーソライゼーションは使用できません。

InsightをiLokでオーソライズ

1. Insightのオーソライズを促されたら「Authorize」をクリックします。


2. DVDスリーブに印刷された、またはEメールで送られたシリアル番号をすべて大文字で入力します。

SN-INSIGHT-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX


3. お名前と、有効なEメールアドレスを入力します。

オーソライズのために入力したEメールアドレスを再度ご確認ください。製品のライセンスと、iZotopeアカウントはこのEメールアドレスに関連付けされます。

4. 「Use iLok Authorization」を選択し、ご自身のiLok IDを入力します。


image


5. すべての情報が正しく入力されているか確認できたら、再度「Authorize」をクリックします。


6. 最後に「Submit」をクリックして、オーソライズ・メッセージをiZotopeのサーバーに送信します。


7. ご自身のiLokアカウントにログインし、Insightライセンスをご使用のiLokに転送するように促されます。


image


8. 使用のiLokにライセンスを転送し、Insightを使用するコンピューターにこのiLokを接続できたら「Next」をクリックします。


9. オーソライズが成功したというメッセージが表示されるはずです。「Finish」をクリックすればInsightを使用できるようになります。


image


さらなる情報

弊社のオーソライゼーション・システムに関する、よくある質問をまとめた オンライン・ページ もご覧ください。(英語)

https://www.izotope.com/support/portal/authorization.asp


一般的な使い方

グローバルメニュー

Insightのスクリーン下方にあるセレクションボックスでプリセットマネージャーやオプションメニューを開いたり、表示させたいメーターを選択します。このメニューを使って、1〜5パーティションの表示をカスタマイズすることが出来ます。


サイズ変更/最小化/最大化

それぞれのメーターパーティションは境界線をクリック&ドラッグすることで縦横サイズを変更できます。また、各メーターセクションの「+」をクリックすることで画面を最大化します。もとのグローバルメーター表示に戻る場合には「−」をクリックしてください。 

                                                       

最小化されたメーターはプラグイン画面下方のグローバルオプションメニューに表示されます。これらのタブをクリックすることで、再度メーターを表示することが可能です。

プリセット

Preset ボタンをクリックし、プリセットマネージャーから様々なメーターセッティングを読み込むことや自分のセッティングを保存し、リコールすることが可能です。プリセットマネージャーの詳細はこちらから。

オプション

Insightのグローバルオプションメニューは画面下方のツールバーからアクセス可能です。


Tip:メーターが最大化されている時にオプションをクリックすると自動的にそのメーターのオプションが開かれます。

ヘルプ

ツールバーの「?」をクリックしてヘルプメニューを表示させます。特定のメーターを最大化している場合には、そのメーターのヘルプが表示されます。

サラウンドトラックのチャンネル設定

サラウンドトラックでInsightを使用する際、Insightのチャンネル設定をDAWや、セッションの設定に合わせる必要があります。デフォルトではInsightにはフィルム用のチャンネル設定(L、C、R、Ls、Rs、LFE)がされています。その他には SMPTE(L、R、C、LFE、Ls、Rs)とDTS(L、R、Ls、Rs、C、LFE)が選択可能です。場合によってはInsightへ送られるチャンネル設定とメーター表示の順番をオプションタブから調整する必要があります。


レベルメーター

Insightにはオーディオチャンネルの入力レベルをモニターする為のレベルメーターが備わっています。

レベルメーターとは

レベルメーターは複数のオーディオチャンネルの信号の大きさをリアルタイムで表示します。Insightのレベルメーターには瞬間のレベル(True-peak)を表示するものと、アベレージ(RMS)を表示するものの両方が搭載されています。

レベルメーターはどのように使われているのか

レベルメーターによってリアルタイムで正確にオーディオチャンネルの信号レベルをモニターすることが可能です。これによって、オーディオの全体的なダイナミックレンジを調べることや、「True-Peak」を使ってアナログ/デジタル両方でクリッピングを検知することが可能です。

レベルメーターモード

Peak + RMS

これはTrue-PeakとRMSを融合させたメーターです。このメーターモードでは明るいグラフがRMSを表示していて、暗いグラフはPeakを表示しています。その上の線は直近のピークレベルまたはピークホールドを示しています。



ピークメーターはアナログ波形のピークを測るメーターです。オーディオのクリッピングを探す用途に向いています。


RMS(Root Mean Square)はソフトウェアに実装されたアナログスタイルのレベルメーターです。RMSメーターは一定の時間内に記録されたレベルの平均値を表示します。

K-System

マスタリングエンジニアBob Katzによって提案されたサイコアコースティックの知識を取り入れたラウドネスの計測方法です。K-Systemメーターは特殊なスケールにピークとRMSの両方を統合しています。ヘッドルームの条件として、K-Systemメータースケールには0dBがフルスケールの20、14、または12dB下に置かれた3種類が存在します。これらのK-SystemメータースケールはそれぞれK-20、K-14、K-12と呼ばれ、K-20は20dBのヘッドルーム、K-14は14dBのヘッドルーム、K-12には12dBのヘッドルームが設けられています。これらのメーターのバーは平均レベルを表し、その上のライン、または点は直近の瞬間的(1サンプル)ピークレベルを表しています。


1     2    3


1. K-12メーターはブロードキャスト用のプロダクション向けに使われます。ブロードキャストレコーディングエンジニアは場合によってはK-14を選択することもあります。


2. K-14メーターは適度にコンプレッションのかかったハイファイプロダクション向けのメーターです。「一般的な」ポップスやロックミュージック、ビデオ用のオーディオに向いています。


3. K-20メーターはダイナミックレンジの広い、大規模のシアターや、豪華なホームシアター向けのミックス、またクラシックや5.1ミックスなどのミックスに使われます。ポップスのエンジニアもダイナミックレンジを活用する場合にはK-20メーターを選択する場合もあります。

ピークターゲット

通常、トゥルーピーククリップは、シグナルがアナログの0dBを超えることを指しますが、Insightのレベルメーターはピークターゲットというスレッショルドを自由に設定することが可能です。これによって、どのレベルをクリップとして扱うのかを定義でき、ブロードキャストの規定に沿っていることを確認する為に役立ちます。


                   

ピークターゲットを変更するには数値をダブルクリックし入力するか、クリックし上下にドラッグして調整します。


           


Note: ピークターゲットはレベルメーター上にPeak Target Indicatorで表されます。上図はATSC A/85ドキュメントに従って-2dBにピークターゲットを設定した状態です。


ラウドネスメーター

InsightにはInternational Telecommunication Union (ITU-R BS.1770-1, 2, 3)とEuropean Broadcasting Union (EBU R128)によって推奨されているように、ラウドネスメーターを搭載しています。

ラウドネスメーターとは

ラウドネスメーターはInternational Telecommunication Unionによって定められた規定に従って、検知されたラウドネスを計算し、リアルタイムで表示します。これらのメーターはウェイティングカーブを採用することで、人間の耳が周波数や音量を検知する仕組みをより正確に反映させることが可能です。

ラウドネスメーターはどのように使われているのか

ラウドネスメーターはAdvanced Television Standards CommitteeやEuropean Broadcasting Union等によって定められている規定にオーディオが準じているかどうかを確認する為に使用されています。現在はオーディオのブロードキャストでのみ実施されていますが、このラウドネスの計算方式は人間の音量の捉え方に最も近いとされているため、全てのオーディオに対しても適応できると考えられています。



BS.1770対応のラウドネスメーターは以下の数値をメーター/リアルタイムリードアウトに表示します。


Momentary:この計測方法は直近の400ms間のラウドネスを計算します。値はラウドネスメーターの「M」の欄に表示されます。ゲートがオンになっている状態でも、Momentaryラウドネスにはゲートはかかりません。


Momentary Max:この数値は一定時間内の瞬間的な最大値を表します。値はラウドネスメーターのMomentary Maxに表示されます。


Short-term:この計測方法は直近の3秒間のラウドネスを計算します。オーディオの動向を即座に把握する為に有効です。値はラウドネスメーターの「S」の欄とShort-Termの項目に表示されます。



Integrated:この計測方法はゲートのスレッショルドも含め、継続的にラウドネスを計算します。プログラム全体や設定した期間のラウドネスを計測し、平均値を計算します。Integratedラウドネスはメーターの「I」の欄、またIntegratedの項目に表示されます。この数値がラウドネス規定では最も一般的に使用されています。


Loudness Range:ラウドネスユニット(LU)で全体のダイナミックラウドネスを計算します。1LUは1dBと同じです。全体のLoudness Rangeは経時的に計算され、Integrated Loudnessメーターの枠内に表示されます。

ラウドネスターゲットを設定する

ラウドネスターゲットはミックスの上限として任意のラウドネス値を設定します。設定を行うと、そのターゲットを超えた部分が赤く警告が表示されます。この設定はLoudness Overflowトラッキングの機能にも反映します。詳細はこちらから。


Tip: ラウドネスターゲットはラウドネスメーター上に白い線で表示されます。デフォルト設定では-24LUFSに設定されていて、ATSCのA/85ドキュメントではこの数値が推奨されています。ラウドネスターゲットを設定する際には必ず納品先の規定をご確認ください。各国、地域の規定に対応したプリセットを利用すると便利です。



ラウドネスターゲットを変更するには、数値をダブルクリックし手動で入力するか、またはクリックして上下にドラッグしてください。

計測方式の設定

スタート/一時停止計測データを失わずにラウドネスの計測開始や一時停止をいつでも行えます。


                                 

リセット計測されたラウドネス数値をリセットします。


                                           

連続計測:この設定がオンになっている場合、プレイバックをストップした時やスタートし直した際にもIntegratedとMomentary Loudnessのデータはリセットされません。これがオフの場合にはプレイバックをストップ/スタートする度に記録はリセットされます。


                                                 

絶対スケール vs 相対スケール

ラウドネスの計測値をリアルタイムリードアウトに絶対スケール、Loudness Units Full Scale (LUFS)で表示させるか、ラウドネスターゲット設定によって、Loudness Units (LU)で表示させるかを切り替えることが可能です。



Tip:ラウドネスが相対スケールで表示されている場合、Loudness Unit (LU)の1はターゲットスケールから1LUFSということを表します。従って、リードアウトに-2.1LUと表示されている場合にはオーディオはラウドネスターゲットより2.1下であることを示します。

レンジオプション

dB(リニア): リニアスケールでラウドネスを計測したリニアスケール・デシベルレンジです。(絶対スケールのみ)


dB(ノンリニア):ラウドネスをフルスケール(dBFS)で計測した数値です。


BS.1771ITUで推奨されているラウドネススケールで、相対スケールでは-21LU〜+9LU、絶対スケールでは-45LUFS〜-14.0LUFSに対応しています。Insightのデフォルトはこのスケールに設定されています。


EBU +9EBUで推奨されているラウドネススケールで、相対スケールで-18.0LU〜+9.0LU、絶対スケールで-41.0LUFS〜-14.0LUFSに対応しています。


EBU +18ラウドネスレンジの広い音源に対してEBUで推奨されているラウドネススケールで、相対スケールで-36.0LU〜+18.0LU、絶対スケールで-59.0LUFS〜-5.0LUFSに対応しています。


ラウドネスヒストリーグラフ

Insightにはラウドネスヒストリーグラフが搭載されていて音源のラウドネスの傾向や履歴からミックスの問題を検知する為に役立ちます。

ラウドネスヒストリーグラフとは

ラウドネスヒストリーグラフとは、複数のラウドネス計測値を時系列に表示したグラフです。グラフの表示されているタイムラインは自動的にリアルタイムでサイズ変更され、常に全体が表示される様にズームします。ラウドネスヒストリーグラフにはShort-term、Momentary Max、Integrated Loudnessのグラフが表示されます。

ラウドネスヒストリーグラフはどのように使われているか

ラウドネスヒストリーグラフはラウドネスの履歴を確認しながらミックスの問題を診断するのに有効なだけではなく、ミックスをしながらリアルタイムでラウドネスの動向を確認することも可能です。例えば、Integrated Loudnessは徐々に上がってきている場合にはこの軌道は直ぐにグラフに現れます。ラウドネスヒストリーグラフはラウドネス値の履歴に加え、現在数値が増加して行っているのか、減少して行っているのかも表示します。


ラウドネスターゲット

ラウドネスヒストリーグラフに表示されているグレイのラインがラウドネスターゲットの値を表しています。この値はレベルのパーティションで設定する必要があります。(こちらから)


Integrated ラウドネス・バイオレーション

音源のIntegratedラウドネスがラウドネスターゲットを上回った場合、グラフ上に赤く表示され規定に沿わない可能性があることを警告します。


凡例

最大化されたラウドネスヒストリーグラフの左上に凡例が表示されています。またこれらをクリックすることで、グラフの表示/非表示を切り替えられます。

hort-termはラウドネスのレベルを瞬時に確認したい場合に便利です。Integratedは通常の規格で定められている様に、音源の全体的なレベルを把握する為に有効です。Momentaryラウドネスは音源のダイナミックレンジを確認する為に有効です。

Integratedラウドネスのみ


IntegratedとShort-termラウドネス


Integrated、Short-term、Momentaryラウドネス

ラウドネスヒストリーの数値をコピーする

最大化されたラウドネスヒストリーグラフ画面には記録された情報をコピーする為のオプションが2つ用意されています。Copy Data、もしくはCopy Imageが選択可能です。

Copy Data

Copy Data ボタンをクリックすると、ラウドネスヒストリーグラフに表示されている数値がクリップボードにコピーされ、テキストやスプレッドシートアプリケーションで使用することが可能です。


貼付けられたデータはこのようになります。


h:m:s        Momentary        Short Term        Integrated        

0:0:0.7663        -19.8239        -31.8361        -21.4110        

0:0:1.5093        -23.6966        -25.8296        -21.6810        

0:0:2.2523        -29.3000        -24.8937        -23.5508        

0:0:2.9954        -29.6410        -24.8605        -24.9004        

0:0:3.7384        -20.5068        -26.5571        -25.2967        

0:0:4.4815        -19.3506        -24.9480        -24.3599        

0:0:5.2245        -21.0636        -22.8364        -23.9469        

Note:コピーされたデータの解像度は、Copy Dataをクリックした時に表示されていた履歴によって変動します。履歴が短い場合には毎秒のデータがコピーされますが、履歴が長ければ数秒毎のデータがコピーされることもあります。

Copy Image

Copy Imageをクリックすると、ラウドネスヒストリーグラフのスクリーンショットがクリップボードにコピーされます。マスタリングやミックス前後の比較として、または報告書に添付して監査機関に提出することが可能です。


ズームとスクロール

時間軸とLUスケールは自由にズーム、ドラッグ可能です。特定の箇所をズームするにはマウスのカーソルを合わせ、ホイールでズームイン/アウトしてください。縦横のスケールをドラッグするには、単純にスケールをクリックして任意の方向にドラッグしてください。ダブルクリックでデフォルトの表示に戻ります。

タイムスケールのズーム


Note:計測中にタイムスケールをズームやスクロールした場合、レベルを確認しやすくする為に、履歴の書き込みは一時的に停止されます。Zoom Out ボタンをクリックやマウスのホイール、ダブルクリックでズームアウトすると、自動的に書き込みが再開されます。

ラウドネススケールのズーム

選択範囲をズームする

ヒストリーグラフをクリック&ドラッグで選択することで、時間軸とLUスケールがズームされ、選択範囲のみが表示されます。

クリック&ドラッグ


ズームされた選択範囲

Zoom Out ボタン

タイムスケールをズームすると画面右上にZoom Out ボタンが表示されます。このボタンをクリックすることで、ヒストリーグラフをデフォルトサイズで表示することが可能です。


ベクトルスコープ

Insightにはステレオイメージやチャンネルの相互関係やバランスを表示する為のベクトルスコープが搭載されています。ベクトルスコープをサラウンドスコープはSound Fieldのパーティションからアクセス可能です。


ベクトルスコープとは

ベクトルスコープはステレオシグナルの2チャンネルをX-Y軸に並べ、類似点や相違点を表示するメーターです。モノラル音源はまっすぐな縦線一本で表示され、ステレオ幅の広い音源ほど左右に広がった形で表示されます。

ベクトルスコープはどのように使われているのか

ベクトルスコープはミックスやマスタリングの際に音源の全体的なステレオ幅をモニターする為に使われています。また位相のずれによるキャンセリングが起きている場合にも即座に警告します。ステレオペアのマイクを設置し、シグナルがモノで再生された場合等の状態を検証する場合にも有効です。


Note:ベクトルスコープとサラウンドスコープは最大化されたSound Field画面のメニューで切り替え可能です。

ベクトルスコープ表示の種類

Sound Fieldの画面を最大化した状態で、左上のボタンをクリックすることでベクトルスコープの表示を切り替えることが可能です。


Polar Sample ベクトルスコープ

Polar Sampleベクトルスコープは1サンプルを1つの点として、極性を座標として表示するため、入力信号のステレオイメージを把握するのに便利です。45°の「セーフライン」内に表示されるパターンは位相が合っているもので、そのラインよりも外に表示されるパターンは位相がずれていることを表します。Polar Sampleベクトルスコープの履歴は徐々にフェードアウトします。メーターをクリックすることで表示をリセットすることが可能です。


        

        

Polar Level ベクトルスコープ

Polar Levelベクトルスコープは音源のステレオエネルギーを放射線状に表示します。放射線の長さは音量の大きさを表し、角度はステレオ内での位置を表します。45°の「セーフライン」内の放射線はオーディオの位相が合っていることを示し、そのラインの外に表示されるものは位相がずれていることを表します。Polar Levelベクトルスコープの履歴は徐々に縮んでいく形で表示されます。外側の枠は現時点でのレベルを表し、時間が経つにつれて中央に向かって縮んで行きます。


        

リサージュベクトルスコープ

Polar Sampleベクトルスコープと同様にリサージュベクトルスコープも1サンプルを1つの点としてオシリスコープ上に表示します。一般的にステレオ音源はリサージュベクトルスコープ上にやや縦長のパターンで表示されます。縦のパターンは左右のチャンネルが類似していることを示します。(モノラル音源は垂直なラインとして表示されます。)横のパターンは左右のチャンネルが異なることを示し、モノラルに変換した際に問題が起こりうることを表します。

リサージュベクトルスコープの履歴は徐々にフェードアウトします。メーターをクリックすることで表示をリセットすることが可能です。

クリッピング

ベクトルスコープにはクリップしているサンプルは赤く表示されます。

        

バランスメーター

下の画像にあるベクトルスコープは全体的な左右チャンネルのバランスを表しています。

バランスメーターとは

バランスメーターは音源の平均的なステレオ定位を表示するメーターです。明るいラインはリアルタイムのバランスを表し、暗いラインがリアルタイムの後を、より読み取りやすいように追いかけます。

バランスメーターはどのように使われているのか?

バランスメーターは音源のステレオイメージを調査する場合や、左右のチャンネルの定位を確認する場合等に使われます。明るい方のラインはミックスのバランスをリアルタイムで表し、暗い方のラインは大まかなバランスを確認する用途に便利です。両方のラインを確認することで効率よくミックスの左右のバランスを保つことが可能です。


相関メーター

ベクトルスコープの右隣に配置されている相関メーターは左右のチャンネルの類似点を表示します。

相関メーターとは

相関メーターは2つの信号の間の類似点(相関点)を表示するメーターです。ステレオベクトルスコープを使用している場合、右と左のチャンネルを比較しています。2つの信号が全く同じ(同位相)である場合、相関メーターは+1を指します。2つの信号の位相が真逆の場合、相関メーターは-1を指します。

相関メーターはどのように使われているのか

相関メーターはステレオの左右の信号をモノラルに統合した場合に周波数のキャンセリングが起きないことを確認する為に使用されます。2つの信号の位相が真逆の場合は、モノラルに統合した場合には何も聞こえなくなります。一般的にはミックスされた音源はステレオ幅にもよりますが、通常メーターの+1〜0の間を指します。0を下回る数値が表示されている場合でも、必ずしも音源に問題があるとは限りませんが、継続的に0以下の数値が指されている場合は、モノラルに統合する際に問題を起こす可能性もあります。                                        

相関メーターの履歴

情報が更新されるにつれて、相関メーターに色が塗られ履歴が表示されます。明るい表示はその部分に信号が集中していることを表します。これによって、大きく位相が外れている箇所や、全体的な位相の状態を視覚的に素早く確認することが可能です。


サラウンドスコープ

Insightにはサラウンドチャンネルの情報を表示する為のサラウンドスコープが搭載されています。サラウンドスコープとベクトルスコープは両方ともSound Fieldのパーティションから選択可能です。

サラウンドスコープとは 

サラウンドスコープはサラウンドチャンネルの音量を表示する為の特化したメーターです。このメーターは各トラックのレベルとサラウンド空間の状態を表示します。レベルメーターは各チャンネルの信号レベルを正確に表示しますが、サラウンドスコープはチャンネル同士の関連性を表示する用途に適しています。また、サラウンドスコープは各チャンネルとその近隣のチャンネルとの位相関係もモニターし、キャンセリング等が起きている場合には警告を表示します。

サラウンドスコープはどのように使われているのか

サラウンドスコープは音源を再生した場合に、それぞれのチャンネルのレベルが観客にどのように聞こえているのかを視覚的に確認する為に役立ちます。サラウンドの全体的な広がりを確認する場合や、サラウンドトラックの定位を表示するような場合に有効です。アンプリチュード・エンベロープは各チャンネルのレベルを表示し、バランス・インジケーターはサラウンド空間内での音源の位置を表示します。音源の配置等によって位相に問題が発生している場合には警告を表示します。        


Note:サラウンドスコープとベクトルスコープはSound Fieldパーティションを最大化した状態で表示されるメニューから切り替え可能です。

サラウンド・アンプリチュード・メーター

サラウンド・アンプリチュードメーターは各サラウンドチャンネルを示すマーカーのつけられた360°リードアウト上にグラフを描きます。メーターのリードアウトはそれぞれのチャンネルがサラウンド空間内でどのように再生されるかを表示します。

サラウンド・バランス・インジケーター

サラウンド・バランス・インジケーターは360°リードアウト上に点を表示します。この点の位置はサラウンドチャンネルの信号を統合した際のバランスの位置を表します。バランスインジケーターは音源を再生した際にリスナーにどこから聞こえているのかを表します。

サラウンド・コリレーション・アラート

サラウンド空間のバランスや音量の表示に加えて、サラウンドスコープは隣接するチャンネル間での位相に問題がある場合には、コリレーション(相関)アラートを表示します。サラウンドスコープの外側を囲んでいる部分はそれぞれのチャンネル間の関連性を表示しています。隣り合ったチャンネルとの位相が大きくずれている場合には、赤く警告が表示されます。


サラウンド・メーター・スケール

メーター内のリングは各チャンネルのRMSレベルを表します。-60dB以下の信号はサラウンドメーターには表示されません。



スペクトログラム

スペクトログラムは直感的にミックスの状態を把握する為に有効です。また、Meter Tapプラグインを使うことで複数のオーディオストリームを2D/3Dでスペクトログラムに表示させることも可能です。


スペクトログラムとは

スペクトログラムとは、音源を分光し時系列に表示するグラフです。縦軸は音源の周波数を表し、横軸は時間の経過を表します。音量は2Dでは色の濃さで表現され、3Dでは高さで表現されます。

スペクトログラムはどのように使われているのか

スペクトログラムは時間の経過と周波数の変化を視覚的に確認することが可能にします。このグラフによって、ミックスを更に細かく分析することが可能になりました。リアルタイムで分析を行うスペクトラムアナライザーをは異なり、スペクトログラムは音源の周波数の分析を時間を追って分析する場合に有効です。

3Dスペクトログラムを移動、回転、ズームする

3Dスペクトログラムを左クリックし、ドラッグすることでInsight上のパーティション内を移動させることが可能です。右クリック&ドラッグで3Dスペクトログラムを回転させることが可能です。また、マウスのホイールでズームイン、ズームアウトが可能です。これらの機能を組み合わせることで、3Dスペクトログラム位置や方向を好みの形に簡単に調整することができます。



Note:スペクトログラムのオプションメニューからマウスコントロールを変更することで、右クリックでスペクトログラムを移動、左クリックで回転に設定することも可能です。

分析

マウスのポインターを2D/3Dスペクトログラム上に置くことで、リアルタイムでその地点の周波数と音量を表示することが可能です。音源のピーク等の原因を分析する際に有効です。


表示オプション

2D/3D:2Dを選択すると、スペクトログラムは平面の2Dで表示されます。周波数は縦のY軸で表され、時間が横のX軸で表示されます。3Dを選択することで、音量の大きさを表すZ軸が表示されます。


View (2D):このプルダウンメニューでMeter Tapからのストリームが2Dスペクトログラムに表示される方法を選択します。Overlayを選択すると、それぞれのスペクトログラムは重なって表示されます。Tileはスペクトログラムを2段に分け、別々に表示させます。 Stackは全てのスペクトログラムを縦に並べて表示させます。


View (3D):3Dスペクトログラムの角度を、Front High(正面高め)、Front Low(正面低め)、Diagonal(斜め)、Side High(横高め)、Side Low(横低め)から選択します。


Freeze:Freezeをクリックし、現時点でのスペクトログラムの状態を詳しく調査することが可能です。


Meter Taps

nsightと共にインストールされるMeter Tapプラグインを使うことで、ミックス内の様々なトラックやバスからInsightのスペクトログラムにオーディオを送ることが可能です。Meter Tapプラグインはセッション内のどこにでもインサートすることが出来ます。

Meter Tapとは

Meter TapはInsightと共にインストールされるプラグインで、オーディオをスペクトログラムに送ることを可能にします。Meter Tapは個別に名前の設定が可能で、スペクトログラムのMeter Tapセクションにトラック名等を表示させることが可能です。


Note:Meter Tap自体はオーディオには処理を加えませんので、レイテンシーは発生しません。

Meter Tapはどのように使われているのか

Meter Tapをセッション内のトラックやバスにインサートすることで、様々なオーディオストリームの分析を可能にします。Meter Tapをプラグインの前と後ろにインサートすることで、プロセス前後の比較をすることが可能です。また、ドラムミックスの各トラックにインサートすることで各パーツのレベルや周波数帯を比較することも可能になります。


セッションでMeter Tapを使用する

1. セッション内のトラックやバスにMeter Tapをインサートする。


2. Meter Tapプラグインを開き、デフォルトの名称をクリックして「Vocal」や「Drums」等、適切な名前を付ける。


3. Insightを開き、スペクトログラムを最大化する。


4. 「Meter Tap」ボタンをクリックして、Meter Tapセクションを表示する。


               


5. プルダウンメニューから表示させたいMeter Tapを選択する。


               


6. ビジュアルの設定をし、他のトラックとの区別をします。

Meter Tapオプション

セッションでのMeter Tapの設定が完了すると、いくつかのMeter Tapオプションが選択できる様になります。



Show:スペクトログラムにそのMeter Tapからのストリームを表示/非表示を選択します。


Focus:このオプションが選択されると、そのMeter Tapのストリームのみがハイライトされ、その他のストリームはグレーになります。


Color:この部分をクリックすると、各Meter Tapストリームの色を設定する画面が開かれます。


スペクトラムアナライザー

スペクトラルアナライザーは音源の周波数情報をリアルタイムで表示します。音源をミックスやマスタリングする際に便利なメーターです。

スペクトラムアナライザーとは

スペクトラムアナライザーは人間の耳に聞こえる周波数帯の音量を表示するメーターです。縦軸は音量の大きさを表し、横軸が周波数を表します。Insightのスペクトラルアナライザーには2種類のグラフ表示があり、ピークとアベレージの表示が可能です。

スペクトラムアナライザーはどのように使われているのか

スペクトラルアナライザーは一般的にミックスやマスタリングの行程で音源の各周波数帯の反応を確認する為に使用されます。EQやその他のプロセッサーを使い、周波数のバランスを整える場合等に用いられます。


ズームとスクロール

周波数と音量のスケールは両方ともズームやスクロールが可能です。ズームする為には任意のスケール上にマウスポインターを合わせ、マウスのホイールでズームイン/ズームアウトして下さい。スケールをスクロールするには、スケール上のどこかをクリックして、スクロールしたい方向にドラッグして下さい。スケールをダブルクリックすることでデフォルトの表示に戻すことが可能です。

選択範囲をズームする

スペクトラム上をクリック&ドラッグで選択範囲をハイライトして下さい。スペクトラルアナライザーは周波数、音量ともにズームされ、選択した範囲のみが表示されます。


ズーム前 → ズーム後

image


スペクトラムの分析

スペクトラムアナライザーの画面にマウスのポインターを合わせると、その地点の周波数と音量が表示されます。この機能はオプションメニューからオン/オフが設定可能です。

スペクトラムの種類

Linear:スペクトラムの計測点を連続的な線で繋いだグラフ。


1/3 Octave: スペクトラムを1/3オクターブ幅の棒グラフで表示します。スペクトラムはバンド毎に分割されますが、低周波数域は非常に高解像度で表示されます。


Full Octave:スペクトラムを1オクターブ幅の棒グラフで表示します。


Critical bands:スペクトラムを人間の耳が周波数を聞き分ける幅のバンドに分割して表示します。各バンドは「類似」した周波数を表します。

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーション

Insightにはラウドネス・オーバーフロー・オートメーションという機能が搭載されています。音源がラウドネスターゲットを超えた部分をDAW上にオートメーションとして記録するユニークな機能です。

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーションとは

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーションとはInsightのインサートされているトラックにオートメーションを書き込む機能です。これによって、正確にどの箇所がラウドネスターゲットをオーバーしていたのかをDAW上から確認することが可能です。ラウドネスターゲット以下の部分にはゼロのデータが書き込まれ、ターゲットを上回っている部分にはMAXのデータが書き込まれます。

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーションはどのように使われているのか

ラウドネス・オーバーフロー・オートメーションは計測後にラウドネスターゲットを上回っていたのかを確認する為に使われます。DAWのタイムライン上でこれらの箇所か簡単に確認できるということは、効率的に特定の部分だけをミックスし直すことが可能です。

Insightのラウドネス・オーバーフロー・オートメーションを使用する

オートメーションの操作や仕様方法は使われているホストアプリケーションに依存します。設定方法に関しましては、お使いのアプリケーションのマニュアルをご参照ください。一般的にはInsightをトラックにインサートし、トラック表示にラウドネス・オーバーフロー・オートメーションに設定する方法で使用できます。DAWでこのトラックのオートメーションの描き込みを有効にすると、音源がラウドネスターゲット以下の場合にはInsightはフラットなラインを書き込みます。ターゲットを上回る箇所ではラインは上に上がります。

プリセットマネージャー

Insightには世界各国のラウドネス基準に対応したメーターブリッジやオーディオ解析の設定がファクトリープリセットとして搭載されています。



プリセットマネージャーにアクセスするには、オプションメニューから「Presets」ボタンをクリックして下さい。

主な機能

•  お気に入りのセッティングを素早く保存/リコール

•  プリセットをフォルダに保存することで、簡単なアクセスと管理

•  複数のホストアプリケーションやプラットフォームでInsightのプリセットを共有

•  ワンクリックでプリセット設定の更新

•  プリセットにコメントを追加することで簡単に識別

フォルダー

Insightのプリセットはカテゴリーまたはフォルダー別に分けて整理されています。これによってマスタリングの際、素早く簡単に適切なスタート地点を探すことが可能です。で振るとのプリセットには以下のものが含まれます。

Audio Analysis

細かいオーディオ解析を目的とした、科学的に音源を分析する為のプリセット

Loudness Metering

各国のラウドネス基準に適合するために音源をモニターする為のプリセット

Music Production

音楽ミックス用のリアルタイムで音源を計測する為のプリセット

プリセットを読み込む

リストからプリセット名をクリックすることで、設定されたメーターやセッティング、全体的なレイアウトが展開されます。

プリセットを使用する

一度リストからプリセットを選択すると、既存の設定を調整することが可能になります。既存の設定を変更すると、「*」がプリセット名の頭に表示され、プリセットに変更が加えられたことを表示します。この設定を保存するのであれば、新しいプリセットとして追加『Add」または既存のプリセットを更新「Update」する必要があります。

使用中の設定

プリセットの設定を変更すると、これが「Working Settings」となります。Working Settingsはプリセットリストの一番上に表示されます。これによって異なるプリセットとの比較や試聴が簡単に行えます。もとのWorking Settingsに戻るには、プリセットマネージャーのリストから、Working Settingsをクリックして選択して下さい。

名前別、最後に使用、編集した順番に整理する

プリセットを名前順、最後に使用された日時、最後に編集された日時の順番に整理することが可能です。

最後に使用

プリセットを選択し、プリセット選択画面を閉じると、そのプリセットは「使用された」と見なされます。プリセットを選択して試聴しただけでは使用したことにはなりません。

最後に編集

プリセットを新たに追加、または変更を加え、「Update」ボタンをクリックして設定を更新すると「編集した」と見なされます。

プリセットを追加、削除する

追加:「Add」ボタンをクリックすると、現在のInsightの設定が新しいプリセットとして追加されます。名前をつけ、コメントを追加することが可能です。

Note:「*」や「/」等、プリセット名に使用できない文字もあります。プリセットはxmlファイルとして保存されている為、これらの禁則文字の使用されたプリセット名は無視されます。

ファイル名はプリセット名と同じであるため、Windowsでファイル名に使用できない文字はプリセット名としては使用できません。

Delete:プリセットを完全に削除するには、プリセットを選択して「Delete」ボタンをクリックして下さい。

Update:Update」ボタンをクリックすると、現在の設定が選択(ハイライト)されているプリセットに適応されます。プリセットを選択後、微調整し、プリセット画面に戻り「Update」ボタンをクリックして変更点を保存します。

Compare:「Compare」ボタンは、選択したプリセットの元の設定と、変更後の設定(Working Settings)との比較に便利です。これにより、Insightのデフォルトプリセットの1つでセッションを開始し、設定を調整しながら、セッション開始時点と比較して作業を進めることができます。

New Folder:「New Folder」オプションでは、Insightのプリセットマネージャーに自由にフォルダーを追加することができます。

Show at Startup:Insightを起動する際にプリセットマネージャーを自動的に開くか選択できます。

Close:プリセット画面を閉じ、選択されていたプリセットが読み込まれます。

Renaming Presets:プリセット名をダブルクリックすることで、編集モードに入り、新たにプリセット名を入力することになります。

プリセットの保存先を変更する

プリセットを常にデフォルトの保存先に保存する必要はありません。プロジェクト別やプリセットのアーカイブ等、用途に応じて任意のフォルダーを作成することが可能です。Insightがプリセットを読みに行くフォルダーを変更するには、「Change folder」ボタンをクリックし、使用したいプリセットの保存されているフォルダにナビゲートして下さい。

プリセットのバックアップ

単純にファイルをコピーするだけでプリセットをバックアップすることが可能です。プリセットファイルの保存されている場所にあるXMLファイルが各プリセット構成のファイルです。Insightでプリセットを保存した時につけたプリセット名がファイル名にも適応されます。プリセットファイルは以下の階層に保存されています。

Windowsシステム

C:\Documents and Settings\<ユーザー名e>\MyDocuments\iZotope\Insight\Presets

Macシステム

<ユーザー名>\Documents\iZotope\Insight\Presets

 

バッファーサイズ表示

バッファーサイズ表示(Buffer Size Viewer)はホストアプリケーションのバッファーサイズを検出する機能です。オプションメニューのGeneralタブから開きます。Insightを低レイテンシーで使用していると、CPU使用率が通常より高くなることがあります。多くのホストアプリケーションは簡単にバッファーサイズを確認でようにはなっていますが、中には確認することが難しいものもあります。そのために、Insightにはアプリケーションのバッファーサイズを検出し、表示する機能が搭載されています。この画面を表示するには、Generalタブから「View Buffers」オプションをクリックして下さい。



Captured buffer sizes:このリストにはこれまでキャプチャーされたバッファーサイズが表示されます。リストの左側にはインプットバッファーサイズが表示され、右側にはアウトプットバッファーサイズが表示されます。AAX/RTAS、VST、AUバージョンのInsightではインプットとアウトプットのバッファーサイズは共通ですが、DirectXバージョンの場合、遅延補正の設定によっては、この数値は異なる場合があります。バッファーサイズを調整する際には、左側の数値、ホストアプリケーションのバッファーサイズが重要になります。


Start/Stop:Startをクリックするとバッファーのキャプチャーが開始されます。プラグインにバッファーが送られる度にリストにキャプチャーされたバッファーサイズが追加されます。バッファーサイズは素早くキャプチャーされリストに追加されます。100以上の記録がキャプチャーされると自動的にキャプチャーがストップされます。


Clear:キャプチャーされたバッファーサイズサイズの履歴をリセットします。


Copy:キャプチャーされたバッファーサイズの履歴をコピーし、メール等に添付可能にします。

CPU使用率を軽減させるには

ホストアプリケーションのバッファーサイズを上げることで、CPU使用率を軽減させることが出来ます。Insightは多くのホストアプリケーションに対して最適化されていますが、CPUへの負荷を軽減させるためにはアプリケーションのバッファーサイズを上げて頂くことをお奨めします。

General オプション

Graphics

Show Tooltips

このオプションがオンに設定されている場合はマウスポインターをコントローラーの上に合わせると、機能の説明が表示されます。

Enable Animation

ダイアログのアニメーションのオン/オフを切り替えます。

Enable Animated Focus

Insightのインターフェイス上の効果をオン/オフ切り替えます。

Frame Rate Limiter

Insightがメーターや表示を更新するスピード(Frame Per Second)を設定します。デフォルト設定では表示はある程度スムーズでありながら、オーディオの処理に十分な余裕を持つ設定にされています。

Opacity

プラグインインターフェイスの透明度を調整します。半透明の表示をさせるには、CPUへの負荷が増加します。100%(この機能が使われていない)状態であればCPUの負荷は抑えられます。この機能をサポートしていないホストアプリケーションを使用している場合には、このスライダーは無効化されます。

Host

View Buffers

ホストアプリケーションのバッファーサイズを検知する、View Buffer画面を開きます。詳細はこちらをご参照ください。

Host Sync

現在のセッションのテンポ、トランスポート状態、拍子等の情報を表示するHost Syncウィンドウを開きます。

Low Latency Processing

このオプションはRTAS/AAXバージョンのInsightのみで表示され、デフォルトではオンに設定されています。このオプションがオフに設定されている場合は、Pro Tools内でのCPU負荷を下げることが可能ですが、遅延の原因となります。

Other

Keyboard Support

全てのキーボードショートカットを有効にする為には、Keyboard Supportは「Full」に設定されている必要があります。オプションは、Full:全てのショートカットが利用可能、Minimal:Tab、矢印、Enterのみが利用可能、None:キーボードショートカットが無効、から選択して下さい。

Auth & Updates

Check for updates

Insightがアップデートをチェックする頻度を設定します。Daily(毎日)、Weekly(毎週)、Monthly(毎月)、Never(チェックしない)から選択して下さい。

Check now

新しいアップデートがリリースされているかをチェックします。

Remove Authorization

現在のInsightのオーソリゼーションを解除します。

More Information

オーソリゼーションについての詳細が表示されます。(英文)

In/Out オプション

I/O Options

     

      Input Format

サラウンド時にプラグインに送られるチャンネル設定を選択します。
Film (L、C、R、Ls、Rs、LFE)
SMPTE/ITU (L、R、C、LFE、Ls、Rs)
DTS (L、R、Ls、Rs、C、LFE)
から選択して下さい。

     

       Display Format

True-peak レベルメーターに表示されるチャンネル設定を選択します。
Film (L、C、R、Ls、Rs、LFE)
SMPTE/ITU (L、R、C、LFE、Ls、Rs)
DTS (L、R、Ls、Rs、C、LFE)
から選択して下さい。

Level オプション

レベルメーターについての詳細はこちらから

Level Options

 

Peak + RMS / K-System

True-Peakメーターに表示するメーターの種類を選択します。それぞれのメーターについての詳細はこちらをご参照ください。

Show Peak Hold

メーターのピークホールドのオン/オフを切り替えます。

Level Scale

表示されているメーターの種類によって選択できるメーターが異なります。Peak + RMS表示の場合は、dB(リニア)、もしくはdB(ノンリニア)の選択、K-System表示の場合には、K-12、K-14、K-20の選択が可能です。

Peak Hold Time

ピークホールドがオンになっている場合、ホールドされる時間を選択できる様になります。5ms、250ms、500ms、1000ms、5000msもしくはinfinite(無限)のホールドタイムから選択して下さい。無限のホールドタイムに設定されている場合は、メーターをダブルクリックするまでピークがホールドされます。

Integration Time

RMSメーター表示の場合のみ、設定可能です。RMS計算の分析時間を選択します。一般的な分析時間は300msです。

Readout

メーター上に表示される数値を選択します。「Max Peak」に設定されている場合、計測中に記録された最大ピーク、「Current」に設定されている場合、現在のレベルが表示されます。2つのレベル(Peak + RMS)が設定されている場合、RMSが表示されます。

Loudness Options

 

Loudness Gate

この項目でラウドネスメーターの計測方式をゲート付きBS.1770-1、もしくはゲート無しBS.1770-2から選択します。

Loudness Scale

この項目でラウドネスメーター表示をLUFS、もしくはLUから選択します。絶対スケール(Loudness Unit Full Scale)もしくは設定されたラウドネスターゲットを反映した相対スケール(Loudness Unit)から選択して下さい。

Loudness Range

ラウドネスメーターに表示させるスケールのレンジを選択します。次のレンジが選択可能です。

Full Range - ラウドネスを計測するフルスケール(dBFS)

BS1771 - ITUによって推奨されているラウドネススケール  -21LU 〜 +9LU (-45LUFS〜-14.0LUFS)のレンジ

EBU +9 - EBUによって推奨されているラウドネススケール -18.0LU 〜 +9.0LU (-41.0LUFS 〜 -14.0LUFS)のレンジ

EBU +18 - EBUによってラウドネスレンジの広い音源向けに推奨されているラウドネススケール -36.0LU 〜 +18.0LU (-59.0LUFS 〜 -5.0LUFS)

Sound Field オプション

Sound Field メーターについての詳細はこちらから

Sound Field オプション

 

Meter Mode

ステレオベクトルスコープとサラウンドスコープを切り替えます。e

Vectorscope Mode

ステレオベクトルスコープを表示させている状態で、リサージュ、Polar サンプル、Polar レベルモードを切り替えます。(こちらも)

Vectorscope Detection Method

Polar レベルモードの場合、サンプル平均値の算出方法を選択します。Peak、RMS、Envelopeから選択して下さい。全周波数帯のレベルを検出するため、音源の音量を分析する場合にはEnvelopeモードが有効です。

Spectrogram オプション

Spectrogramについての詳細はこちらから

Spectrogram Options

 

Zoom(3Dのみ)

このスライダーで3Dスペクトログラムの中心からズームイン、ズームアウトを行います。

Height(3Dのみ)

このスライダーで3Dスペクトログラムの音量(X軸)表示の高低差を調整します。

Mouse(3Dのみ)

3Dスペクトログラムをクリック&ドラッグした際に、「左クリックで移動、右クリックで回転」、またはその逆の動きの選択をします。

Color Preset

スペクトログラムの配色を変更します。

FFT Size

スペクトログラムの周波数と時間の解像度を変更します。

FFT Overlap

スペクトログラムを計算する頻度を調整します。数値が大きい程、頻繁に計算されます。

3D History Length
(3Dのみ)

このスライダーで3Dスペクトログラムの時間(Y軸) を調整し、表示される時間の長さを変更します。

3D Level of Detail
(3Dのみ)

このプルダウンメニューで3Dスペクトログラム表示の細かさを調整します。この項目が低い方がパフォーマンスは向上します。

2D Scrolling Speed
(2Dのみ)

このプルダウンメニューから2Dスペクトログラム表示のスピードを選択できます。Max Infoは全てのピクセルを表示します。

Spectrum Analyzer オプション

Spectrum Analyzerについての詳細はこちらから

Spectrumオプション

Spectrum Type

種類のスペクトラムから選択します。


Linear:スペクトラムの計測点を連続的な線で繋いだグラフ。


1/3 octave:スペクトラムを1/3オクターブ幅の棒グラフで表示します。スペクトラムはバンド毎に分割されますが、低周波数域は非常に高解像度で表示されます。


Full Octave:ペクトラムを1オクターブ幅の棒グラフで表示します。


Critical bands:スペクトラムを人間の耳が周波数を聞き分ける幅のバンドに分割して表示します。各バンドは「類似」した周波数を表します。

Average Time

スペクトラムの平均値が計算される時間を設定します。高い数値はミックスの全体定期なバランスを確認する為に有効で、低い数値はより「リアルタイム」な表示になります。

Peak Hold Time

ピークホールドタイムの選択をします。Infiniteが選択されている場合、ピークはダブルクリックでクリアするまでホールドされます。

Window Size

スペクトラムの周波数と時間表示の解像度を調整します。高い数値は細かいピークも表示させますが、スペクトラムの更新が遅くなります。

Window

スペクトラムのウィンドウの種類を変更します。それぞれの種類によって周波数や音量表示の解像度が変化します。

Overlap

スペクトラムが更新される頻度を調整します。数値が高いほどスペクトラムの更新頻度が高く、CPUへの負荷も増加します。

Fill Spectrum

スペクトラム表示の線の中に色を付けます。リアルタイムスペクトラムとピークホールドを区別する為に有効です。

Show Peak Hold

スペクトラムにピークホールドを表示させるかどうかを切り替えます。

Show Hz/dB Readout

スペクトラムアナライザーにマウスポインターを合わせたとき、その地点の数値を(HzとdB)表示させるかどうかを切り替えます。


ラウドネス用語集

ATSC-A/85:Calm Act法によって推奨されているデジタルテレビのラウドネスを保つ為の基準。  (http://www.atsc.org)


BS.1770-1:International Television Unionによって提案されたオーディオプログラムのラウドネスとTrueピークを計測するアルゴリズム。  (http://www.itu.int)


BS.1770-2:BS1770-1のフォローアップとして、EBU-R128と同様に相対-10LUゲートを追加したドキュメント。(http://www.itu.int)


BS.1770-3:Trueピークの計測方法の詳細を追加し、ITUによって発行された最新のドキュメント。 (http://www.itu.int)


CALM Act:The Commercial Advertisement Loudness Mitigation(CALM)Actとは、テレビCMのラウドネスが番組と同レベルであることを保証する為の法律です。2012年12月13日から有効になります。(CALM Act)


EBU-R128:European Broadcasting Unionによって提案された、ラウドネスノーマライゼーションと、ブロードキャストされる音源のラウドネスに対しての基準です。当初は-8 LUゲートが提案されましたが、-10 LUゲートがITUのBS.1770-2に適応されたことに合わせ、それと一致させる為に更新されました。 (http://tech.ebu.ch/)


K-Weighting:International Television UnionによってBS.1770-1ドキュメントで提案されました。K-weightingはラウドネスの計測前に、まずハイシェルフ、次にハイパスフィルターをかけることで、人間の耳のラウドネスの捉え方を再現しました。


カスタマーサポート


Insightフルバージョンのご購入

日本国内販売代理店タックシステム株式会社からご購入可能です。
デモ版を既にお使いであれば、製品版のシリアル番号を入力することで、フルバージョンでのご使用が可能になります。

カスタマーサポートの方針

iZotopeではすべての登録ユーザーに対して無償で技術サポートを提供しております。またiZotope社の製品の購入をご検討していらっしゃるお客様にも、技術サポートを提供しています。iZotopeサポートにお問い合わせいただく前に、Product Knowledgebaseをご参照ください。問題の解決方法がすでに記述されていることもあります。

http://www.izotope.com/support/center

テクニカルサポートへのお問い合わせ

Insightに関するさらなる疑問等に関しては、ウェブサイトのサポートページ http://www.izotope.com/support をご参照いただくか、カスタマーサポート support@izotope.comにお問い合わせください。

iZotope社への問い合わせは、回答までに時差等の関係上2〜3営業日必要です。お問い合わせの際は、なるべく問題点を詳しくご説明ください。それによりお客様の問題をより素早く正確に解決することができます。この際、ご使用のシステムの仕様とバージョンをお知らせください。

タックシステム株式会社による日本国内における販売代理

日本国内におけるサポートは代理店であるタックシステム株式会社によっても提供されています。こちらのサポートは、タックシステム株式会社日本国内正規販売店を通してiZotope製品をご購入いただきましたお客様全員が対象となります。お問い合わせに関しましてはhttp://www.tacsystem.comをご確認ください。


Thanks for using Insight!
image

-      the iZotope team

Portions of this software are copyright © 2006 The FreeType Project (www.freetype.org).  All rights reserved.


© 2001-2012 All rights reserved. 著作権はiZotope, Inc.に帰属します。iZotope、iZotope.com、 iZotopeロゴ、Ozoneは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるiZotope, Inc.の商標または 登録商標です。


image

image

日本国内に於けるライセンスはタックシステム株式会社が保有しています。タックシステム株式会社の承 諾なしに本マニュアルのコピー、再販を禁じます。