製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > iZotope > 

iZOTOPE製品のCatalina対応状況

iZotope 製品情報

iZOTOPE製品のCatalina対応状況

 

iZOTOPE製品はまだ完全にmacOS10.15 Catalinaには対応しておりませんが、
一部のiZOTOPE製品はこのアップデートにより、製品をインストールすることが可能になりました。
このページはiZOTOPE Supportページで案内されているインストール手順を解説したページになります。

インストーラーはiZOTOPEからダウンロードしてください。
現在、アップデーターがリリースされているのは次の製品です。
Updated Products.jpg

 

 

 

 

インストール中に「Error writing to documents」というエラーが表示される場合
1. 書類フォルダ → iZotopeフォルダを右クリックして「情報を見る」を開きます。
2. 鍵のアイコンをクリックして、ロックを解除します。
3. 共有とアクセス権の項目で、「staff」のアクセス権を「読み/書き」に設定してインストールし直してください。
4. 鍵のアイコンをクリックして、再度ロックをかけます。
5. 再度インストーラーを実行します。
6. エラーが続く場合には、iZotopeフォルダ内の個別のフォルダに対しても、同様の対処を行ってください。

Catalina対応のインストーラーを使っても、Macがインストールを拒否する場合には、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」→「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」で、「そのまま開く」をクリックしてください。


次の製品は現在Catalinaに対応したインストーラーが用意されておりません。
プラグインのコンポーネントファイルをダウンロードして、手動でファイルをインストールする必要があります。

Unsupported Products.jpg
 

 

 

 

 

Unsupported downloads.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Click to download」からファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードされたフォルダを展開すると、それぞれのプラグインファイルがフォルダ内に格納されています。
次のファイル階層に、それぞれのファイルをコピーしてください。間違ったフォルダにファイルをコピーすると誤動作の原因となりますので、十分ご注意ください。製品によってはAppファイルが存在しない場合もあります。英文の手順のコピー先をご確認ください。


- Appフォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/アプリケーション
- AAXフォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/ライブラリ/Application Support/Avid/Audio/Plug-ins
- AUフォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/Components
- VSTフォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST
- VST3フォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST3
- Resourcesフォルダの中身を次のロケーションにコピーしてください: Macintosh HD/Library/Application_Support/iZotope


続いて、二つ目の「Click to download」からプリセットをダウンロードしてください。


ユーザーの書類フォルダの中に「iZotope」というフォルダを作成し、プラグイン名「Ozone 8」や「RX 7 Audio Editor」等、英文の手順に記載されている通りの名称でフォルダを作成してください。
作成したフォルダの中に「Preset」フォルダをコピーしてください。

一覧へ戻る