製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > OKM > 

FAQ / モデル選びの参考に

OKM 製品情報

FAQ / モデル選びの参考に

OKMは数種類のモデルがあります。よくある質問をまとめてみました。

モデル選びの参考になさってください。

 

Q. OKMで収録するとどうなりますか?

A.OKMはご自身の両耳にマイクを取り付けることにより、バイノーラル録音ができるマイクロフォンです。録音された音をヘッドフォンで聴くと360度サラウンドの音場を楽しむ事ができます。

後ろから声をかけられた状況をOKMで収録すると、ヘッドフォンで聴いた時、思わず振り向きたくなります。 (マイクは自分の耳につけますので、収録中は振り向けませんが..)

 

Q. CXSとPXS、RXSの違いは何ですか?

A.扱える音圧(最大SPL)です。CXSよりRXSの方が、大音量を扱えます。

ただし、繊細な音を録音したい場合は、 CXSの方が感度が良いので、CXSをお薦めします。

 

Q. フィールドレコーディングを行いたいのですが、モデルは何がよいですか?

A.ガード下など大音量で車の行き交う音などの録音なら、RXSをお薦めしますが、

野鳥の声や、自然音のフィールドレコーディングでしたら、感度が良いCXSをお薦めします。

RXSは小さい音は苦手です。

 

Q. A3パワーアダプターを使用しなればいけませんか?

A.OKMはプラグインパワーを利用できます。(プラグインパワーは各社のレコーダーにより電圧が異なります。お使いのレコーダーの取扱説明書などでご確認ください。)

OKMは2.5v-3vのプラグインパワーでも動作を確認していますが、最大SPLが13dB程低くなります。OKMが対応できるプラグインパワーは最大で10vです。

ベストのプラグインパワーは、6v-9vです。お使いのレコーダーのプラグインパワーが6vより低ければ、マイクの性能が十分に発揮できるよう、A3パワーアダプターの使用をお勧めします。

 

Q. A3パワーアダプターは後から購入する事はできますか?

A.できます。お近くの楽器店にお問い合わせください。

タックオンラインストア(準備中)

 

一覧へ戻る

Warning: include(sub_menu.txt) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/okm/faq_1.php on line 139

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'sub_menu.txt' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/okm/faq_1.php on line 139