製品情報
導入事例
サポート・サービス
オンラインストア
会社情報

ホーム > 製品情報 > 

yellowtec


Warning: include(/usr/home/aa163b0nsh/html/products/parts/yellowtec.txt) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/yellowtec/index.php on line 64

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/usr/home/aa163b0nsh/html/products/parts/yellowtec.txt' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/yellowtec/index.php on line 64
製品ニュースニュースの一覧

yellowtec 製品情報

mika Mic and Monitor Mounting System

mika-dualcolor-on-air-signal-S.gif

 

m!kaは最も洗練されたマイクロフォンとモニター のマウンティング・システムです。

万能なシステム としてデザインされた m!ka 製品は、デスクトップ またはポールマウントいずれの設置環境にも対応しています。

 

mika2.png

 

カタログはこちら(PDF)

mikaインストレーションガイドPDF

mikaディメンジョン図面PDF

 

---------------

Intellimix Desktop Mixer

intellimix.png

 

■価格 ¥840,000(税抜)

 

全く新しいミキシング- シンプルでスマートな次世代ミキサー

 

その妥協のないユーザービリティは、日常業務を効率化し創造性を刺激します。

搭載されている革新的なG-Touch©フェーダーは驚くべき操作性を持っています。

 

洗練されたデザインは、直感的で使いやすく、スムースな操作を保証します。
Intellimixのマルチタッチ ワイドスクリーンは、すべての設定とプロパティに素早くアクセスできます。パラメータのコントロールやチャンネル入力の割り当てなど、スマートフォンを操作する時と同じようなタッチやスワイプなどでジェスチャーで操作可能です。

 

特徴

最大8chをコントロール(ソース切替え 1-4 / 5-8)

G-Touch©フェーダー

アルミニウムボディ

マルチタッチ ワイドスクリーン ディスプレイ

 

 

G-Touch©フェーダー

"G"はガイドのG。モールドされた溝で指を滑らせてください。従来のフェーダーとは違う滑らかなフェーダリングが叶います。

Gtouch.png

 

 

 

詳細はこちら
---------------

iXm Recording Microphone

iXm-Uplink-App-S.png

 

iXm レコーディングマイクロフォンは、インタビューに最適なツールです。

 

iXm レコーディングマイクロフォンは、ジャーナリスト向けに開発されたレコーディングデバイスです。簡単な操作でレコーデイングが可能。しかも、LEA DSPエンジン搭載で、あらゆるレコーディングで完璧なオペレーションレベルを提供します。マイクヘッドの交換で指向性も変えられます。

 

すばらしいサウンド - LEAエンジン

 

iXmを最高のレポーターマイクとして設計するにあたり、最も困難な課題は完璧な自動レベリングです。そこで、Yellowtechのエンジニアは、革新的なLEAエンジンを開発しました。

 

LED.png

 

ささやき声や嗚咽でも完璧なレペル。LEAはストレスの多い環境でもすばらしいレコーディングを行うことができます。AGC-よくありがちな自動レベル調整ではありません。人工的な音でもありません。試してみてください。あなたはきっと驚かれるでしょう。この独創的なオンボードDSPエンジンは、現場環境に惑わされることなく、完璧なオペレーションレベルを提供します。LEAはインタビューのレコーディング中、常にレベリングします。

LEAエンジンは、標準的なAGCやリミッターと比べ『ポンピング現象』の発生を抑えるに優れています。スピーチの中断や騒音があってもLEAエンジンは、あたかもマイクに小さいエンジニアが乗っているかのように完璧に動作し、スムースなレベル調整を行います。LEAエンジンはユニークな技術です。

 

シンプル

 

ボタンを押すだけで、完璧なオーディオレベルでインタビューをとらえます。こんな簡単なレコーデイングはありません。2つのボタンと3つLEDアイコンで操作状態を確認、今まで使用したことがないくらい直感的なレコーダーです。

easy_to_use.png

 

 

 

 

詳細はこちら
---------------

PUC2 USB オーディオインターフェース

img

PUC2 Lite デジタル専用ハイコストパフォーマンスモデル

PUC2 Line デジタル&アナログ入出力端子搭載モデル

PUC2 Mic LEA オートレベルコントロール「LEA」搭載モデル

TAC リモートレコーディング・ソリューション推奨製品

 

 

 

最もダイナミックなUSBオーディオインターフェース

 

コンパクトな2チャンネル高解像度オーディオインターフェースとして、PUC2はシンプルなセットアップと優れたモジュラー設計を組み合わせています。用途に合わせて、必要な端子と機能を備えたモデルからお選びいただけます。

 

 

最高のオーディオ品質と軽量、剛性の高いボディ

 

PUC2は105dBの驚きのダイナミックレンジで、24bit/最大192kHzの最高のオーディオを提供します。 PUC2の全てのバージョンは、押し出し成形のアルミニウムケースに収納されています。アルミニウムのユニボディは、ほとんどの金属よりも軽量で、プラスチックと比較するとかなり剛性があります。

 

 

リアルタイムの品質管理 ゼロレイテンシー

 

ゼロレイテンシモニタリングは、録音信号を遅延なくリアルタイムでモニタリングできる独自の機能です。PUC2の入力信号を聞くか、USBを経由し戻ってきた信号(DAWのインプットモニター)を選択します。 モニターの利便性をさらに高めるために、AUX出力*を使用してヘッドフォンを接続し、オーディオ信号をすばやく簡単に確認できます。

 

*PUC2 Mic LEA / PUC2 Lineのみ搭載

 

様々な用途に

 

単なる外付けサウンドカードではなく、PUC2はさまざまな運用方法に適しています。DAWをはじめ、オーディオ入出力をアナログまたはデジタルのミキシングコンソールやスピーカーなど様々な箇所にリンクします。

 

 

最高のプラグアンドプレイ

 

セットアップは極めて簡単です。PUC2をPCまたはMacのUSBポートに接続するか、スタンドアロンモードで使用するだけです。 ほんの数秒で、優れたUSBオーディオパフォーマンスをお楽しみいただけます。PUCはUSB電源であるため、かさばる電源装置や接続するケーブルが少なくて済みます。

 

 

詳細はこちら
---------------

カタログ・仕様書ダウンロード

Yellotec製品のカタログ、仕様書はこちらからダウンロード可能です。

 

Yellowtec_JP_Manual_LowResolution(2.7MB)
Yellowtec_JP_Manual_HighResolution(7.6MB)

 


mik dimensions仕様書

mik dimensions仕様書
TY3105 Dimensions.pdf
TY3201-YT3200 Dimensions.pdf
TY3205-YT3205 Dimensions.pdf
TY3305-YT3301 Dimensions.pdf
YT3206-YT3209 Dimensions.pdf
YT3228 Dimensions.pdf
YT3229 Dimensions.pdf
YT3230 Dimensions.pdf
YT3801 and YT3802 Dimensions.pdf
YT3811 and YT3812 Dimensions.pdf
YT3821 and YT3822 Dimensions.pdf

 


Warning: include(sub_menu.txt) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/yellowtec/index.php on line 449

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'sub_menu.txt' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/aa163b0nsh/html/products/yellowtec/index.php on line 449